京都府宮津市の詐欺事件の逮捕・取調べには…少年事件に強い弁護士を

2017-07-18

京都府宮津市の詐欺事件の逮捕・取調べには…少年事件に強い弁護士を

京都府宮津市に住んでいる17歳のAさんは、成人している先輩のBさんに、Vさんのもとへ荷物を預かりに行くよう言われ、Vさんから荷物を預かり、Bさんに渡しました。
すると後日、Aさんは、京都府宮津警察署の警察官に、詐欺罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、まさか自分が詐欺に加担しているとは思いもよらず、信じられない気持ちでしたが、取調べでそのことを聞き入れてもらえそうになく、困っています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件の取調べ

少年事件の手続きでは、少年の柔軟性を考慮し、その後の更生を重視しています。
少年は、その柔軟性ゆえに、更生を期待されているということですが、他方、少年はその柔軟性ゆえに、周りの環境に左右されやすいという一面も持っています。
例えば、今回の事例のような詐欺事件でも、お金の受け取り役などの下っ端の役を言葉巧みに任されてしまう、というケースも多く存在するようです。

警察などでの取調べでも、少年は誘導に乗りやすく、やっていないことをやったとする供述にされてしまったり、同意するつもりはなかったにもかかわらず同意させられてしまったりするケースもあります。
もちろん、少年事件であることを前提に、穏やかに取調べが行われることが望ましいですが、現実はそういった取調べばかりではありません。
少年相手であっても、厳しい取調べがなされることもあるようです。

その柔軟性により、更生の道が期待される少年ですが、裏を返せば、それゆえの、少年自身の不利益に繋がる行動もとってしまいます。
そこで、少年事件に強い弁護士に相談し、サポートを依頼することで、少年自身の持つ不安や、ご家族が感じている不安を解消する手助けをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門に扱っています。
少年事件への不安は、少年事件のプロに聞いて解決しましょう。
初回無料法律相談は、0120-631-881で、24時間365日、ご予約を受け付けています。
京都府宮津警察署までの初回接見費用も、上記フリーダイヤルまでお問い合わせください。