京都市中京区の窃盗事件で逮捕・捜索 刑事事件専門の弁護士

2016-10-01

京都市中京区の窃盗事件で逮捕・捜索 刑事事件専門の弁護士

窃盗事件の逮捕・捜索について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部が解説します。

京都市中京区で、留守を狙って、他人の家の鍵を開け忍び込んでは、金目の物を盗む、いわゆる空き巣が連続して発生していました。
京都府警中京警察署の警察官はAさんを窃盗の犯人として逮捕しました。
その後、警察官がA宅(単身赴任先)を捜索し、物の差押えなどが行われましたが、Aが週末毎に帰っていたAの実家にも捜索に行くと言われています。
Aは、自分のあずかり知れぬところで違法な捜索差押がされるのではないかと心配です。
そこでAさんは刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(この事例はフィクションです)

捜索差押えに対してどのように対応すべきかということが問題になります。
捜索差押えがなされるにあたって、弁護士としては、違法な捜索差押えに備えるようアドバイスすることが考えられます。
具体的には、令状を確認して書き写すことや、令状の範囲外の捜索差押え等が行われないか注意することなどのアドバイスをすることが考えられます。

また、仮に違法な捜索・差押えがなされれば、準抗告や差押物の還付請求等をAの弁護士としては行います。
さらに場合によっては、弁護士捜索・差押えに立ち会うこともありえます。

このように捜索・差押えされそうな場合に、あらかじめ弁護士に相談することで違法な捜索・差押えへの対応やその後の法的手続を行ってもらうことなどができます。

特に違法捜査かどうかというのは法的知識を有する弁護士に判断してもらうのが良いと考えられます。
そこで、刑事事件に強い弁護士に相談するべきだと考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部では、刑事事件専門の弁護士が迅速に対応いたします。
京都市中京区窃盗罪で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部の弁護士までお問い合わせください。
京都府警中京警察署 初回接見費用 3万4800円)