Archive for the ‘少年事件’ Category

京都府福知山市の事後強盗事件で逮捕にも対応!少年事件なら弁護士へ

2017-06-21

京都府福知山市の事後強盗事件で逮捕にも対応!少年事件なら弁護士へ

19歳のAさんは、京都府福知山市内のコンビニで、万引きをしようとしていました。
商品を手に取り、鞄に忍ばせて店を出た際、Aさんの行為を目撃していた店員Vさんに声をかけられ、肩に手を置かれました。
Aさんは、このままVさんに従えば逮捕されてしまうと思い、Vさんを突き飛ばして逃走しました。
その後、防犯カメラの映像などから、Aさんは、京都府福知山警察署に、事後強盗罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、万引きを行っただけなのになぜ強盗になってしまっているのか不思議に思い、不安になっています。
(※この事例はフィクションです。)

・事後強盗罪?

上記事例では、Aさんは万引きを行った際に、店員Vさんを突き飛ばし、事後強盗罪の容疑をかけられて逮捕されています。
万引きは窃盗罪であるはずなのになぜ強盗なのか、と疑問に思った方もいるかもしれません。

刑法238条には、事後強盗罪という犯罪が規定されています。
事後強盗罪の条文は、「窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたとき」に、強盗として論ずるとしています。
上記の事例でいえば、Aさんは万引き=窃盗の犯人で、逮捕を免れるために店員Vさんを突き飛ばして=暴行をしているため、事後強盗罪にあたると考えられます。

このように、刑事・少年事件では、事件の細かい事情によって、成立する犯罪がガラッと変化することがあります。
刑事・少年事件への知識がなければ、逮捕された被疑者本人やそのご家族は、不安に思うことも多いでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事・少年事件専門の弁護士が、初回無料法律相談や初回接見サービスを通して、その不安を解消すべく、尽力いたします。
専門家である弁護士の話を聞くだけでも、気が楽になることはあります。
事後強盗事件などの刑事事件・少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府福知山警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

盗撮目的の建造物侵入事件で逮捕されたら…京都の刑事・少年事件専門の弁護士へ

2017-06-19

盗撮目的の建造物侵入事件で逮捕されたら…京都の刑事・少年事件専門の弁護士へ

京都府宮津市に住んでいる高校1年生のAくんは、盗撮する目的をもって、市内のショッピングモールの女子トイレに忍び込みました。
そこへ、女性客Vさんが女子トイレに入ってきてAくんと遭遇し、警備員を呼んだことで、Aくんは、京都府宮津警察署の警察官に、建造物侵入罪の容疑で逮捕されることとなってしまいました。
Aくんの両親は、逮捕の知らせを聞いてすぐに京都の刑事・少年事件専門弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・盗撮目的の建造物侵入事件

建造物侵入罪は、刑法130条に規定のある犯罪です。
建造物侵入罪の条文を見てみると、「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物(中略)に侵入し(中略)た者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」と規定されています。

上記の事例で考えてみましょう。
Aくんは、盗撮をしようと女子トイレに入ったところを建造物侵入罪の容疑で逮捕されています。
建造物侵入罪の「侵入する」とは、管理している者の意思に反して入る、ということであると解されています。
一般的に考えて、女子トイレに盗撮目的で入ることを許可する人はいないでしょう。
そのことから考えれば、確かにAくんは管理者の意思に反して女子トイレに侵入していることになりますから、建造物侵入罪にあたる行為をしていると考えられます。

このような場合、被害店舗への謝罪と弁償であったり、少年自身の反省や、少年本人とその周りの再犯防止策が重要となってきます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事・少年事件専門弁護士として、それらの活動のサポートを行います。
建造物侵入事件などの刑事・少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府宮津警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-881までお問い合わせください。

京都府与謝野町の大麻所持事件にも対応!刑事・少年事件に強い弁護士

2017-06-17

京都府与謝野町の大麻所持事件にも対応!刑事・少年事件に強い弁護士

京都府与謝郡与謝野町に住んでいる高校2年生のAさんは、インターネットを介して大麻を購入し、使用していました。
しかし、Aさんが大麻を購入していた売人が逮捕されたことをきっかけに、Aさんも、京都府宮津警察署の警察官に、大麻を所持していた大麻取締法違反の容疑で逮捕されることとなってしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年と大麻

大麻は、大麻取締法によって、許可を得ずに所持したり、栽培したりすることが禁止されている違法薬物です。
大麻の使用については禁止されていませんが、大麻を使用するためには大麻を所持しなければならないことから、大麻を使用していれば、大麻取締法違反で処罰される可能性は高いと言えるでしょう。

上記の事例では、未成年の少年であるAさんが、大麻に手を出してしまい、大麻を所持していたとして逮捕されています。
警察庁の統計によると、平成28年の上半期に、薬物事犯で送致された少年について、大麻乱用による人員が94人で、覚せい剤の77人を上回っています。
少年による薬物事件の中では、大麻が占める割合が大きいことが分かります。
さらにその中でも、内訳で見ると、大麻乱用で送致された高校生は、94人中17人と、約20パーセントほどが高校生であることが分かります。
上記事例のAさんのように、大麻を乱用してしまう高校生がこれだけいるのです。

少年事件では、少年の更生が重視されます。
大麻などの違法薬物は、その依存性や後遺症が大きいものです。
専門医療機関や更生のための団体などを利用するほか、家族などの監督やサポートが重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件少年事件専門の弁護士という強みを生かし、こうした少年の更生に尽力いたします。
専門家の弁護士だからこそできる、大麻などの違法薬物からの立ち直りのサポートがあります。
大麻所持事件などでお子さんが逮捕されてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談下さい。
京都府宮津警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

京都府向日市の無免許運転事件なら無料相談!刑事・少年事件に強い弁護士

2017-06-15

京都府向日市の無免許運転事件なら無料相談!刑事・少年事件に強い弁護士

京都府向日市に住んでいるAくん(17歳)は、以前から自動車の運転に興味を持っていましたが、まだ17歳のため、運転免許は取得できていませんでした。
すると、先輩であったBさん(22歳)が、Bさんの車を運転させてくれるというので、Bさんを助手席に乗せ、Bさんの車で京都府向日市内の道路を運転しました。
しかし、道中、京都府向日町警察署が行っていた交通検問があり、Aさんの無免許運転が発覚し、Aさんは道路交通法違反の容疑で、取調べを受けることになってしまいました。
不安になったAさんとその家族は、京都府内の刑事事件少年事件に強いという弁護士無料相談へ行くことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・無免許運転と幇助

上記事例では、Aさんは無免許運転を行って、京都府向日町警察署から取調べを受けることになってしまっています。
確かにAさんは、運転免許を取得していないのにも関わらず、公道で自動車を運転していたわけですから、無免許運転が成立してしまうでしょう。
では、Bさんについてはどうなるのでしょうか。

実は、Bさんにも、無免許運転の幇助、という犯罪が成立する可能性があります。
幇助とは、簡単に言うと、犯罪を行いやすくするように助けることを言います。
道路交通法では、無免許運転を行う可能性のある者に車両を提供したり、それに同乗したりすることを、無免許運転の幇助にあたるとして禁止しています。
Bさんは、Aさんが無免許運転になることを知っていながら、自分の車を貸し与えて同乗していますから、無免許運転の幇助にあたる可能性が高いでしょう。

このように、無免許運転事件では、無免許運転をした本人以外にも、無免許運転という犯罪が成立する可能性があります。
いきなり無免許運転という犯罪の疑いがかかってしまってお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件少年事件専門の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、初回無料相談を行っていますから、お気軽にご利用いただけます。
まずは相談だけでも、という方は、0120-631-881でご予約をお取りください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

【無料相談受付中】盗撮事件に強い京都府の刑事・少年事件専門の弁護士

2017-06-13

【無料相談受付中】盗撮事件に強い京都府の刑事・少年事件専門の弁護士

京都府久世郡久御山町に住んでいる17歳のAさんは、京都府久世郡久御山町内の駅構内で、好みの女性Vさんのスカートの中を盗撮しようと、Vさんのスカートの下にスマートフォンを差し出しました。
すると、Aさんが盗撮をしようとしていることに気づいたVさんが、パトロールをしていた京都府宇治警察署の警察官にAさんを突き出し、Aさんは京都府迷惑行為防止条例違反の容疑で取調べを受けることになりました。
今後どうなるのか不安に思ったAさんとその家族は、京都府刑事事件少年事件専門の弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・盗撮事件と条例違反

上記の事例でAさんは、盗撮を行おうと女性のスカートの下にスマートフォンを差し出したことで、京都府迷惑行為防止条例違反の容疑で取調べを受けることになりました。
盗撮に関連する行為は、各都道府県の迷惑防止条例で禁止されていることが多いです。
例えば、上記Aさんは、盗撮をしようとスマートフォンをスカートの下に差し出しただけで、まだ盗撮自体は行っていませんが、京都府迷惑行為防止条例の3条2項2号によると、「みだりに、前号に掲げる行為をしようとして他人の着衣の中をのぞき込み、又は着衣の中が見える位置に写真機その他の撮影する機能を有する機器を差し出し、置く等をすること」が禁じられています。
「前号に掲げる行為」とは、いわゆる盗撮行為のことです。
このため、Aさんの行った行為は、京都府迷惑行為防止条例違反に当たるのです。

迷惑防止条例は、前述のように、各都道府県で定められているものですから、定められている内容やその法定刑は各都道府県によって様々です。
盗撮事件に強い弁護士であれば、そのあたりの疑問や不安についても、丁寧に対応することができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件少年事件専門の弁護士です。
無料相談も実施していますから、盗撮に関連した刑事事件少年事件で不安をお持ちの方は、まずは弊所の弁護士による無料相談をご利用ください。
京都府宇治警察署までの初回接見費用:3万6,500円)

(暴行と傷害の違いは?)京都の刑事事件・少年事件専門の弁護士に相談

2017-06-11

(暴行と傷害の違いは?)京都の刑事事件・少年事件専門の弁護士に相談

京都府京丹後市在住のAさん(10代)は、Vさんのことを殴ったとして、京都府京丹後警察署の警察官に、暴行罪の容疑で現行犯逮捕されました。
その後、釈放されたAさんは、被疑事実が傷害罪に切り替わったと聞き、両親と一緒に、京都刑事事件少年事件専門の弁護士に、暴行事件傷害事件について話を聞いてみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・暴行事件と傷害事件

上記事例では、当初暴行罪の容疑で捜査されていたAさんの事件は、その後、傷害事件となっています。
暴行罪傷害罪の違いは、いったい何が基準となっているのでしょうか。

暴行罪は、刑法208条に定められている犯罪で、「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」とされています。
また、傷害罪は、刑法204条に「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する。」と定められています。

傷害罪の「人の身体を傷害」するとは、人の生理的機能に障害を生じさせることであるとされていますから、すなわち、人に暴行を加えたものの、「人の生理的機能に障害を生じさせる」ことに至らなければ暴行罪、「は、人の生理的機能に障害を生じさせる」ことになれば傷害罪、ということになります。
そのため、当初は傷害に至っているかどうかわからなかったために暴行事件として捜査されていたものが、後から被害者の方から診断書の提出などがあり、傷害事件として捜査されることになった、という上記事例のようなこともしばしば起こります。

暴行事件傷害事件も、被害者の方への謝罪や、その後の反省の態度、更生への対策が大切です。
専門家である弁護士と一緒にこれらに取り組むことで、より円滑に活動を進めることができるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件少年事件専門の弁護士が、初回無料法律相談から丁寧に対応いたします。
暴行事件傷害事件に不安を抱えられている方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府京丹後警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

暴走族の共同危険行為で逮捕されたら…京都の少年事件に強い弁護士へ

2017-06-09

暴走族の共同危険行為で逮捕されたら…京都の少年事件に強い弁護士へ

京都府乙訓郡大山崎町に住んでいるAくん(18歳)は、暴走族のリーダーをしていました。
ある日、Aくんが暴走族の仲間たちと、バイクを並走させて暴走していたところ、通報を受けた京都府向日町警察署の警察官が駆け付け、Aくんらを、共同危険行為を行っていたとして逮捕しました。
Aくんが警察に逮捕されるのは初めてのことでしたが、Aくんは少年院に行く可能性があると聞いて不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

・暴走族と少年事件

警察庁によると、平成27年末に警察が把握している全国の暴走族は227グループ6,771人だそうです。
そして、平成27年に、暴走族に関連して検挙された人数は、14,652人だそうです。

上記事例でAさんが逮捕される原因となったのは、暴走族の仲間たちと「共同危険行為」を行ったことです。
共同危険行為とは、道路交通法で禁止されている行為で、暴走族が集団でバイクなどを並走させたり、蛇行して運転したりなどする行為は、この共同危険行為にあたることが多いです。

Aさんは、いわゆる初犯のようですが、それでも少年院に行く可能性があると言われているようです。
少年事件が起こった際、その後の処分については、少年の更生のための環境が重視されます。
そのため、少年が暴走族などの集団に属している状態であれば、そのままの環境では更生が期待できないという判断が下され、少年院送致になる可能性があるのです。

少年院は少年を罰するための施設ではありませんが、それでも、長期に渡って少年院に入ることは、少年自身も不安が大きいでしょうし、社会内で更生できるのであれば、それに越したことはありません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、暴走族に関連した少年事件でお悩みの方の方のお力になります。
まずはお電話にて、初回無料法律相談や初回接見サービスをお申し込みください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

少年事件による退学を阻止したい…京都府京都市の弁護士に無料相談

2017-06-07

少年事件による退学を阻止したい…京都府京都市の弁護士に無料相談

京都市左京区に住んでいる高校生のAくん(17歳)は、少年事件を起こして、京都府下鴨警察署に任意同行を受けました。
Aくんは、逮捕まではされなかったものの、後日再び取調べに、京都府下鴨警察署まで出頭するよう言われました。
Aくんの両親は、今回の少年事件によって、Aくんが退学になったりないかどうか不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件を起こしたら退学?

上記事例のAくんは、逮捕まではされていないものの、少年事件を起こして警察にお世話になっている状態です。
このような状態の時に、少年本人やそのご家族が心配することの1つとして挙げられるのが、学校はどうなるのか、という問題です。
実際に、少年事件を起こしてしまったことで、学校を退学になってしまうのではないか、と心配される少年やご両親は多くいらっしゃいます。

現在では、少年事件を起こして、警察から取調べを受けたり、逮捕されたり、ということになれば、原則として警察などから学校へ通知が行く制度になっています。
しかし、弁護士であれば、学校への通知を控えてもらえるように警察に働きかけることができます。

もしも学校への通知が行われたとしても、その後少年が更生し、再び少年事件を起こさないようにするための環境調整が行われていることなどを主張することで、退学といった厳しい処分を避けてもらえるよう、サポートすることができます。
事件によっては、弁護士が学校と協力し、少年の更生のための環境を整えることもあります。

少年にとって、自身の通う学校は、自分の生活の大きな部分を占める大切な場所でしょう。
少年事件を起こしてしまっても、今まで頑張ってきた学校で更生に向けてやり直したいと考える少年やご両親は多いでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、少年事件を起こしてしまった少年自身やそのご家族のサポートを行います。
学校を退学になるのを避けたいと御悩みの方は、一度、弊所の弁護士にご相談ください。
京都府下鴨警察署までの初回接見費用:3万5,000円)

【保護観察って?】少年事件が起きたら弁護士に相談 京都市山科区にも対応

2017-06-04

【保護観察って?】少年事件が起きたら弁護士に相談 京都市山科区にも対応

京都市山科区の中学校に通っているAくんは、電車の中で見かけた女性Vさんに痴漢をしてしまいました。
Vさんや周囲の人が通報し、Aくんは、痴漢をしたとして、京都府山科警察署に任意同行されることになりました。
取調べでは、Aくんが痴漢行為を常習的に行っていたことが判明しました。
その後、Aくんは両親と少年事件に強い弁護士の元を訪れ、最終的にAくんは保護観察処分となりました。
(※この事例はフィクションです。)

・保護観察とは

少年事件が起こった際は、家庭裁判所の審判によって、少年の処分が決定します。
少年事件では、少年の更生が第一義とされ、少年の更生のために少年の処分が決められます。

保護観察処分も、その保護処分の一つです。
少年事件保護観察処分とは、少年が保護観察官等の指導や監督のもと、社会の中でで更生が可能であると判断された場合に決定される処分で、保護観察処分とされた少年は、定期的に保護観察官等と面談や訪問等を行いながら、生活や交友関係等に関する指導を受け、決められた約束事を守りながら家庭等で生活します。
つまり、保護観察処分となった場合、少年は、少年院のように身体拘束をされることなく、家庭や学校で日常生活を送りながら、更生をはかることができるということです。

しかし、保護観察処分となるためには、少年が再び少年事件を起こさないような環境を作り上げられていることや、被害者の方への謝罪が十分できているか、少年がきちんと反省しているのかということなど、多くのポイントが必要となってきます。
少年事件に詳しい弁護士であれば、少年の更生のための環境調整への助言や、被害者の方への謝罪交渉等、少年事件の解決のための活動を行い、少年やご家族の不安を取り除く手助けをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件にお困りの方のお力になります。
痴漢事件や少年事件で不安を抱えている方は、弊所の弁護士まで、ご相談ください。
初回のご相談は無料ですから、お気軽にご相談いただけます。
京都府山科警察署までの初回接見費用:3万6,900円)

少年事件ならまずは弁護士に!京都府向日市の暴行事件にも対応

2017-06-03

少年事件ならまずは弁護士に!京都府向日市の暴行事件にも対応

京都府向日市の高校に通うAさんは、近くの席にいた客Vさんに、話し声がうるさいと注意されたことに腹を立て、口論となりました。
Aさんはかっとなって、飲んでいたコップの飲み物をVさんに向かって勢いよくかけました。
その結果、Aさんは、従業員の通報によって駆け付けた、京都府向日町警察署の警察官に、暴行罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・液体をかけたら暴行罪?

人に暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかった時は、暴行罪とされ、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処されます(刑法208条)。

暴行罪の「暴行」とは、一般的に、人の身体に対して不法な有形力が加えられることをいうとされています。
物理的に人を殴ったりけったりする「暴行」だけでなく、光や音などによる「暴行」も認められています。
音による「暴行」として、拡声器で大声を発する行為について、暴行罪が認められた裁判例もあります(大阪地判昭42.5.13)。

上記の事例で、AさんはVさんに飲み物を勢いよく浴びせていますから、Vさんに対する不法な有形力の行使が行われたと考えることができ、Aさんの行為は暴行罪に当たる可能性があります。
実際に、他人に水を吹きかけたり、飲み物を浴びせかけたりしたことによって、暴行罪の容疑で逮捕されている例があります。

上記の事例のように、ちょっとしたことから少年事件が起こってしまうことがあります。
逮捕されれば、一定期間ご家族やご友人に会うことができず、つらい思いもすることでしょう。
そんな時こそ、弁護士に相談してみましょう。
きっと少年事件に不安を感じる少年本人や、そのご家族、ご友人のちからになることができます。
暴行事件逮捕されてお困りの方や、少年事件を起こしてしまってお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

« Older Entries