飲み会帰りの暴行事件で逮捕された!京都府綾部市も接見対応の弁護士

2018-12-13

飲み会帰りの傷害事件で逮捕された!京都府綾部市も接見対応の弁護士

京都府綾部市に住んでいるAさんは、職場の飲み会からの帰り道、Vさんに対する暴行事件を起こしたとして、京都府綾部警察署現行犯逮捕されました。
しかし、Aさんは、飲み会から帰ろうとしたところまでは覚えているのですが、その後の記憶は酔っ払っていたこともあり、全く思い出せません。
逮捕されて警察官に話を聞かれたAさんでしたが、「覚えていない」ということしか言えず、不安に思っています。
その後、Aさんの家族が逮捕を知って弁護士を派遣し、Aさんは接見に来た弁護士に事件やその手続きについて相談しました。
(※この事例はフィクションです。)

・飲み会帰りの刑事事件

年の瀬も近づき、飲み会が増えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回のAさんは、飲み会帰り暴行事件を起こした容疑をかけられています。
お酒が入ることによって気が大きくなるなどし、暴行事件などの暴力事件を起こしてしまったというご相談は、弊所にもよく寄せられるご相談です。

そして、こうした暴行事件では、酔っ払っていた影響で事件当時の記憶がないという方も多くいらっしゃいます。
自分の記憶がないにもかかわらず暴行事件の被疑者として取調べを受けるのですから、不安を感じて当然でしょう。
事件当時の記憶がなければ、暴行罪について自分がやったと認めることもできませんから、容疑を否認していると捉えられ、逮捕・勾留されて取調べを受けることになるケースも見られます。
その場合、「認めれば帰宅を許される」と誘導をほのめかされることもあるようですし、余計に不安が募ってしまうことでしょう。

だからこそ、こうしたケースの場合には、すぐに弁護士に相談して今後の対応を検討することが重要です。
Aさんのような飲み会帰りに起こった暴行事件では、現行犯逮捕されてしまい、訳の分からないまま警察署に留置されてしまう、というケースも多々見られます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、24時間いつでも初回接見サービスのお申込みが可能ですし、土日や祝日、夜間でも弁護士が対応可能です。
飲み会帰りに起こった刑事事件にもすぐに対応ができるのです。
京都府逮捕飲み会帰り暴行事件にお困りの際は、まず0120-631-881までお問い合わせください。
京都府綾部警察署までの初回接見費用:お電話にてご案内いたします)