未成年者誘拐事件で逮捕されたらすぐ弁護士を!京都市西京区の刑事事件

2018-09-01

未成年者誘拐事件で逮捕されたらすぐ弁護士を!京都市西京区の刑事事件

Aさんは、SNSを通じて京都市西京区に住む15歳のVさんと知り合い、連絡を取り合うようになりました。
するとVさんが、家族に対して不満をもらしていたため、Aさんは、Vさんが未成年者であることを知りながら、「じゃあうちに来て、少し遠出をして家出してみる?」と誘いました。
Vさんはそれに同意し、Aさんの家へやってきました。
しかしその後、Vさんの家族から京都府西京警察署に捜索願が出され、捜査が行われた結果、Aさんは未成年者誘拐罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・同意があっても誘拐になる!

誘拐事件というと、「連れ去る」というイメージが強く、本人の同意なくさらっていく事件がイメージされるかもしれません。
しかし、ここでいう「未成年者誘拐」とは、欺罔または誘惑を用いて未成年者を従来の生活環境から離れさせ、自己または第三者の事実的な支配下に置くことを言います。
無理矢理連れ去ったような場合には、「未成年者誘拐」ではなく「未成年者略取」と呼ばれます。
上記事例のAさんは、Vさんに家出の誘いをかけているので、「誘惑を用いて」未成年者であるVさんを従来の生活環境から連れ出しているといえ、未成年者誘拐罪にあたると考えられます。

ここで、Vさんが同意してAさんのもとに行っているということが気になる方もいるでしょう。
ですが、未成年者誘拐罪が保護しているのは、未成年者自身の自由だけでなく、保護者の監護権も含まれると解されています。
そのため、いくらVさんの同意があったとしても、Vさんの保護者に許可をとらずにその生活環境から連れ出すことは、未成年者誘拐罪にあたりうるのです。

未成年者誘拐罪は親告罪ですが、未成年者の捜索願等が出された場合、そこから警察の捜査が入り、逮捕される可能性も十分考えられます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、こうした未成年者誘拐罪での逮捕にも迅速に対応いたします。
初回接見サービスでは、最短即日弁護士の接見が可能です。
お申込み・お問い合わせは0120-631-881でいつでも受け付けております。
京都府西京警察署までの初回接見費用:3万6,800円)