京都府京田辺市の万引き事件で任意同行 少年事件に強い弁護士

2017-01-16

京都府京田辺市の万引き事件で任意同行 少年事件に強い弁護士

京都府京田辺市の高校に通っているAくんは、度々万引きを行っては日頃のストレスを発散していました。
しかし、ある日、いつものように書店で漫画本の万引きを行ったところ、警備員に見つかり、通報されてしまいました。
通報を受けた京都府田辺警察署の警察官は、窃盗の容疑でAくんを任意同行し、事情を聴くことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

万引きについて

万引きは、窃盗という立派な犯罪です。
少年事件の中でも、万引きはよく起こってしまう事件の1つです。
万引き、すなわち窃盗は、再犯率も高い犯罪で、成人でも、窃盗の再犯率は高いと言われています。

たかが万引きだからと甘く見ている方もいらっしゃいますが、万引きを行っている回数が多かったり、万引きによる被害総額が多額である場合には、少年事件の場合、万引きでも、保護観察や少年院送致といった、少年にとって重い処分になる可能性はあります。

それを避けていくためには、少年事件に詳しい弁護士に相談し、今後の少年の更生のための環境を整えるアドバイスをもらったり(環境調整)、被害者・被害店舗への謝罪や賠償を行うことが有効な手段の1つです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、無料法律相談も実施しております。
刑事事件・少年事件を専門に扱う弁護士が、あなたの不安を取り除くべく、丁寧にご相談に乗ります。
お子さんが万引き事件を起こしてしまってお困りの方、少年事件の相談を誰かにしたいと思っている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)