京都市左京区の痴漢事件で任意同行 少年事件なら早期に弁護士

2017-03-06

京都市左京区の痴漢事件で任意同行 少年事件なら早期に弁護士

京都市左京区に住んでいる高校2年生のAくんは、通学に使っている電車の中で、Vさんに対して痴漢行為を行いました。
Vさんと周囲の人がAくんの痴漢に気づき、Aくんは通報を受けた京都府下鴨警察署の警察官に、痴漢の容疑で任意同行されることとなりました。
Aくんが素直に痴漢行為について認めたため、その日は帰宅を許されましたが、少年事件について詳しく知らないAくんやその両親は不安になり、少年事件に強い弁護士のところへ相談に行くことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件には早期に弁護士?

上記の事例では、Aくんは任意同行こそされたものの、逮捕されることはなく、その日のうちに帰宅を許されています。
このような場合、逮捕されていないなら騒ぐほど大事ではないのかもしれない、身体拘束されることなく帰ってきたのだからもう大丈夫だろう、と考える方もいるかもしれません。
しかし、そうとは限らないのが少年事件です。

少年事件を起こしてしまった少年の更生を重要視するのが、少年事件の流れの特徴の1つです。
少年法でも、その1条に「この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする」と規定されています。

ですから、たとえ警察で逮捕されずに帰ってきたとしても、その後、少年の更生に必要であると判断されれば、観護措置が取られて鑑別所に長期間入ることになったり、審判後に少年院送致になったりする可能性もあります。
そのようなことを避けるためには、早期に少年事件に詳しい弁護士に相談することが大切です。

弁護士に早期に相談することによって、少年が社会の中でも更生できるのだということを示すための活動やその準備を、時間をかけて行うことができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回無料法律相談のご予約を、24時間365日、お電話にて受け付けています。
いつでも思い立った時に、刑事事件・少年事件を専門に扱っている弁護士の法律相談の予約が取れます。
痴漢事件などの少年事件に不安を感じられている方は、まずは0120-631ー881まで、お電話ください。
京都府下鴨警察署までの初回接見費用:3万5000円)