京都府与謝郡伊根町の過失運転致死事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-28

京都府与謝郡伊根町の過失運転致死事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

京都府与謝郡伊根町の過失運転致死事件での逮捕について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部が解説します。

京都府与謝郡伊根町内に住むAさん(68歳)は、軽トラックを運転中、自分の携帯が鳴ったので取り出そうと鞄を探したところ、目の前を歩いていた小学生V(9歳)に気付くのが遅れてしまいました。
その結果、Aは、V君を轢いてしまい、跳ね飛ばされたV君は後頭部を強く打ちそのまま死亡してしまいました。
京都府宮津警察署は、Aを過失運転致死罪の容疑で逮捕しました。
Aは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に面会へ来てもらいました。
(フィクションです)

過失運転致死
上記のように、自らの過失で人を死傷させた場合、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条の過失運転致死罪が成立します。
法定刑は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です。
なお、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条のただし書きでは、その傷害が軽いときは、情状によりその刑を免除することができるとされています。
ただ、「傷害が軽いとき」という文からお分かりになる通り、過失運転致傷の場合を想定しており、死亡結果が生じた過失運転致死の際には免除されることはないといえます。

ですから、過失運転致死の場合、懲役刑という重い刑が科される可能性がでてくるのです。
懲役刑になって、刑務所に入所されないためにも、きちんと弁護活動をすることで執行猶予を目指す必要が出てきます。
そのためには、Aの行為につき酌量減軽をしてもらえるような説得活動を行っていく必要があります。
酌量減軽は、裁判官の裁量によってなされるものですので、裁判官に減軽事由があることにつき納得してもらわなければなりません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門であり数多くの事件を解決してまいりました。
当然、執行猶予判決も多く獲得しており、酌量減軽の弁護にもたけております。
京都府与謝郡伊根町内の過失運転致死事件で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部の弁護士までご相談ください。
京都府宮津警察署までの初回接見費用はお問い合わせください)