環境調整って何をする?京都市右京区の少年事件に強い弁護士

2017-10-16

環境調整って何をする?京都市右京区の少年事件に強い弁護士

京都市右京区に住んでいる高校生のAさんは、少年事件を起こして、京都府右京警察署に逮捕されました。
少年事件は家庭裁判所に送致され、成人の刑事事件とは違う手続きになると聞いたAさんとその家族ですが、どのようなことをしたらいいのか分かりません。
そこで、Aさんらは京都市少年事件に強い弁護士に相談しに行き、環境調整について話を聞きました。
(※この事例はフィクションです。)

・環境調整とは?

何度も記事に取り上げているように、少年事件の手続きでは、少年の更生が重要とされます。
そのため、たとえ被害者の方と示談が成立したとしても、成人の刑事事件のように不起訴処分になったりすることはありませんし、成人の刑事事件であれば不起訴処分や微罪処分となるような事件でも少年院に行ったりします。
そこで、重要となるのが環境調整なのです。

環境調整とは、文字通り、環境を調整することですが、少年事件における環境調整とは、非行を犯した少年の周囲の環境や少年の内面の環境を整えていくことを指します。
環境調整では、少年事件の原因をなくしたり、再犯防止のために対策を立てたり、少年自身の反省や謝罪の気持ちを深めさせたりすることが考えられます。
例えば、夜遊びが激しい少年が夜遊びに関連した少年事件を起こしたとして、そのまま放っておいたら、また夜遊びで少年事件を起こしてしまうかもしれません。
家族の監督を行うことや、少年自身の活動を見直してもらうことをして、夜遊びをしないような環境を環境調整で作っていくことになるでしょう。
このような環境調整は、少年事件特有のものもありますから、少年事件に強い弁護士にアドバイスを求めていくことで、力強いサポートとなるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、日々、少年事件にお困りの方をサポートしています。
環境調整と言われても何をしていいのか分からない、どこが問題になっているのか分からない、とお悩みの方もいらっしゃると思います。
少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府右京警察署までの初回接見費用:3万6,300円)