劇場型詐欺で逮捕されたら 京田辺市対応の少年事件に強い弁護士に相談

2017-11-22

劇場型詐欺で逮捕されたら 京田辺市対応の少年事件に強い弁護士に相談

京都府京田辺市に住んでいるAさん(18歳)は、とある詐欺グループの一員であるとして、京都府田辺警察署詐欺罪の容疑で逮捕されてしまいました。
突然の逮捕の知らせに驚いたAさんの両親が弁護士に接見(面会)を依頼し、逮捕されているAさんの話を聞いてもらったところ、Aさんの行った詐欺は、いわゆる「劇場型詐欺」であったことが判明しました。
(※この事例はフィクションです。)

・劇場型詐欺?

ここ最近、「劇場型詐欺」という種類の詐欺が流行っているとされています。
劇場型詐欺とは、複数人が弁護士や警察官、サービスセンターの係といった様々な役を演じたり、偽のパンフレットやカード、通帳といった小道具を使用して騙すという手口の詐欺です。
例えば、カード会社のコールセンターを装った電話から、警察署を装った電話、と次々に違う人物が登場し、個人情報を聞き出してしまう、というパターン等が挙げられます。

この劇場型詐欺は、このように、複数人で役割分担を行って演じ分けを行ったりしていますから、グループの1人が逮捕されたことを皮切りに、次々と仲間が逮捕されていくケースもあります。
詐欺グループを組んで劇場型詐欺を行っていた場合、共犯事件となりますから、逃亡や証拠隠滅の防止のために、逮捕や勾留がなされる可能性が高いです。
上記事例のAくんのような未成年者であっても、必要があると判断されれば、成人同様に逮捕や勾留がなされますから、1人で留置場へ入らなければならなくなってしまいます。

ですから、そうなってしまったら、すぐに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご連絡下さい。
弊所の弁護士は、刑事事件と少年事件を専門に取り扱っています。
劇場型詐欺のような、複雑な共犯関係の存在する刑事事件・少年事件のご相談も、専門家だからこそ対応が可能です。
無料法律相談・初回接見サービスのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-631-881でいつでも受け付けていますから、遠慮なくお電話ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7,600円)