デート商法で特商法違反事件に…滋賀県高島市の逮捕には刑事弁護士

2018-11-13

デート商法で特商法違反事件に…滋賀県高島市の逮捕には刑事弁護士

滋賀県高島市に住むAさんは、婚活アプリを通して出会ったVさんに対し、「自分は宝石デザイナーをしている。職場を見てほしい」等と言って宝飾店に連れ込み、そこでアクセサリーの勧誘を行って指輪を購入させ、30万円支払わせました。
その指輪の他にもAさんはVさんにアクセサリーを購入する契約をさせましたが、不審に思ったVさんが滋賀県高島警察署に相談したことで、Aさんは特商法違反の容疑で逮捕されることになりました。
(※平成30年11月9日毎日新聞配信記事を基にしたフィクションです。)

・デート商法

デート商法とは、相手の恋愛感情を利用して契約をさせる商法のことを言います。
今回の事例のAさんは、まさにデート商法によってVさんに指輪などを購入させていますが、特商法違反の疑いで逮捕されています。

では、今回のAさんは、特商法のどこに違反したのでしょうか。
特商法6条4項には、「販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売に係る売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げずに営業所等以外の場所において呼び止めて同行させることその他政令で定める方法により誘引した者に対し、公衆の出入りする場所以外の場所において、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。」と定めています。
簡単に言えば、物の売買等の勧誘であるということを告げないで相手を連れていき、売買等の勧誘をしてはいけない、ということです。
今回のAさんは、自分の職場を見てほしいと言ってVさんを宝飾店に連れていき、そこで勧誘をして指輪等を買わせていますから、特商法のこの規定に違反することになります。
このような特商法違反は、有罪となれば3年以下の懲役又は300万円以下の罰金、又はこれの併科に処されます。

デート商法は、Aさんのような目的隠匿型誘引行為と呼ばれる行為以外の特商法違反や、詐欺罪に該当することもある行為です。
デート商法によって刑事事件になり、逮捕されてしまったら、すぐに弁護士に相談しましょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、デート商法に関連した刑事事件のご相談にも迅速に対応を行います。
まずはお問い合わせ用フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
滋賀県高島警察署までの初回接見費用:3万9,200円)