痴漢事件の逮捕はすぐに弁護士へ!京都府向日市の性犯罪も最短即日接見!

2018-08-02

痴漢事件の逮捕はすぐに弁護士へ!京都府向日市の性犯罪も最短即日接見!

会社員のAさんは、京都府向日市内の駅で、女子高生Vさんに対する痴漢行為を行ったとして、京都府向日町警察署逮捕されました。
Aさんの妻Bさんは、Aさんが痴漢逮捕されたと知らせを受けたのですが、まさか夫がそんなことをするとは信じられず、どうしていいか分かりません。
(※この事例はフィクションです。)

・夫が性犯罪で逮捕されてしまった!

上記Bさんのように、ご家族が痴漢等の性犯罪を犯したかもしれないとなれば、それを信じられないと思ったり、激しく動揺してしまったりすることは仕方のないことでしょう。
しかし、こういった時こそ、迅速に弁護士に相談することをおすすめいたします。

まず、対応する警察官にもよりますが、逮捕容疑や痴漢事件の内容については、逮捕の一報を入れる際、ご家族にも詳しくお話されないというケースが多々見られます。
痴漢事件に限らず、刑事事件で被疑者として逮捕されたという情報は、きわめてプライバシーな情報であるため、簡単にお話しすることができないと判断されることがあるからです。
しかし、それでは、逮捕された方が痴漢等の容疑を認めているのかどうかすら判断できず、ご家族としては無罪を信じるべきなのか、それとも反省を促して更生を目指すための準備をするべきなのか、今後の方針や事件の受け止め方さえ決めかねることになってしまいます。
だからこそ、まずは弁護士に相談し、逮捕された方の話を詳しく聞いてきてもらうことが大切なのです。

そして、ご家族、特に旦那様が逮捕されてしまった場合、仕事をどうしたらよいのか、すぐに釈放されるのかと不安になられる奥様が多く見られます。
弁護士が早期に介入することで、釈放を求める活動をスピードをもって行うことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、痴漢事件等の性犯罪を含めた刑事事件専門の弁護士が、最短即日対応初回接見サービスを行っております。
痴漢事件逮捕にお困りの方は、まずは弊所弁護士までご相談ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円