大麻ワックス?京都府南山城村の逮捕は刑事事件専門弁護士へ

2017-08-29

大麻ワックス?京都府南山城村の逮捕は刑事事件専門弁護士へ

京都府相楽郡南山城村に住んでいるAさんは、ある日、京都府木津警察署の警察官による家宅捜索を受けました。
すると、Aさんの自宅から、大麻ワックスが発見されました。
この大麻ワックスは、Aさんが自作した物で、Aさんは、大麻取締法違反の容疑で逮捕されることとなりました。
(※この事例はフィクションです。)

・大麻ワックスとは

最近、「大麻ワックス」というものの所持などで摘発される人が相次いでいるようです。
大麻ワックス」とは、乾燥大麻から幻覚成分を抽出し、濃縮した薬物で、その見た目がワックスのようであることから、「大麻ワックス」と呼ばれているそうです。
大麻ワックスは、カセットボンベなどの市販品から容易に作ることができるそうで、動画サイトで製作過程を説明している動画もあるといいます。
そしてその大麻ワックスは、パイプを使って蒸して吸引するという方法で使われるそうです。
しかし、この大麻ワックスは、前述のように、大麻の幻覚成分を抽出し、濃縮している薬物ですから、単純な大麻よりも危険性の高い薬物であるといえます。
その幻覚成分の濃度は、自然に生えている大麻の50倍以上になることもあるといわれます。

大麻を加工している大麻ワックスですが、大麻取締法の規制している「大麻草及びその製品」に入るため、所持していれば、上記のAさんのように大麻取締法違反となります。
大麻取締法違反事件では、薬物治療や周囲の環境つくりなどの再犯防止のための活動や、それらを有利な事情として主張していく弁護活動が予想されます。
逮捕や勾留がなされていれば、そこからの解放活動も行われるでしょう。
大麻ワックスなど大麻取締法違反事件にお困りの方は、これらの幅広い活動に対応可能な、刑事事件専門の、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)