京都府宮津市の詐欺未遂事件で逮捕 少年事件に強い弁護士

2017-01-30

京都府宮津市の詐欺未遂事件で逮捕 少年事件に強い弁護士

京都府宮津市の高校に通っている18歳のAさんは、仲良くしている高校の先輩であるBさんとそのグループに、Vさん宅までお金を受け取りに行くように言われ、Vさん宅を訪れました。
すると、そこに京都府宮津警察署の警察官が現れ、Aさんは詐欺未遂罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、自分のしていることは詐欺の手伝いのようなことをしているかもしれない、とは感じていましたが、Bさんのことが怖くて逆らえず、警察の取調べでもうまく話せずにいました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年と詐欺事件について

少年法では、少年の可塑性=成長の過程で人格が変わる柔軟性を考慮して、成人事件とは違い、少年事件の場合は少年の更生を第一義と定めています。
少年は、その柔軟性ゆえに、更生を期待されているということなのです。

他方で、少年はその柔軟性ゆえに、周りの環境に左右されやすいという一面も持っています。
少年が関わる詐欺事件でも、金銭の受け取り役のいわゆる「受け子」のような下っ端の役を、言葉巧みに任されてしまう、というケースも多いようです。

また、警察などでの取調べでも、少年は誘導に乗りやすく、やっていないことをやったとする供述にされてしまったり、同意するつもりはなかったにもかかわらず同意させられてしまったりするケースもあります。
上記の事例のAさんのように詐欺事件にかかわった共犯者の言葉に騙されたり、共犯者から圧力をかけられたりして、本当のことが言えない、という場合もあるようです。

環境調整等を行うことによって更生の道を歩みやすくもなる少年ですが、裏を返せば少年自身の不利益に繋がる行動もとってしまいます。
そこで、少年事件に強い弁護士に相談し、サポートを依頼することで、少年自身の持つ不安や、ご家族が感じている不安を解消する手助けをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門に扱っています。
少年事件への不安は、少年事件のプロに聞いて解決しましょう。
初回無料法律相談は、0120-631-881で、24時間365日、ご予約を受け付けています。
京都府宮津警察署までの初回接見費用も、上記フリーダイヤルまでお問い合わせください。