京都府与謝郡伊根町の過失運転致傷事件で取調べ 交通事故に弁護士

2017-03-05

京都府与謝郡伊根町の過失運転致傷事件で取調べ 交通事故に弁護士

京都府与謝郡伊根町に住んでいる25歳のAさんは、車を運転している際に、ついわき見運転をしてしまい、歩道を歩いていたVさんに接触してしまいました。
Vさんは全治1週間の怪我を負い、Aさんは、京都府宮津警察署に呼び出され、過失運転致傷罪の容疑で取調べを受けることになりました。
不安に思ったAさんは、交通事故を含む刑事事件に強い弁護士を探して相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・過失運転致傷罪

自動車運転致死傷行為処罰法(通称:自動車運転処罰法)では、その5条で、過失運転致傷罪を定めています。
条文によると、自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられます。
ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができると但し書きに規定がありますから、過失運転致傷罪に当てはまったとしても、場合によっては、刑罰を受けずに済む可能性もあります。

上記の事例のAさんは、わき見運転によってVさんと接触しているので、運転上必要な注意を怠ったといえます。
したがって、Aさんは、過失運転致傷罪にあたるといえます。
しかし、Vさんの負ったけがは全治1週間ですから、もしかすると、自動車運転処罰法5条の但し書きに該当するかもしれません。

このような場合、一般人であるAさんやその家族だけで、減刑や系の免除を求めて主張・活動を行うことは厳しいでしょう。
被害者の方とと連絡がとれるかどうか、被害者の方へきちんと謝罪や示談ができるかどうか、それを警察や検察に主張できるかどうか、など、問題は数多く挙げられます。
刑事事件に強い弁護士であれば、これらの活動を行い、依頼者をサポートすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、交通事故などの交通事件を含む刑事事件を専門に扱っています。
過失運転致傷事件を起こしてしまってお困りの方は、まずは弊所の刑事事件に強い弁護士までご相談ください。
京都府宮津警察署までの初回接見費用や、初回無料法律相談のご予約については、0120-631-881まで、お問い合わせください。