京都府京都市左京区で窃盗事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-02

京都府京都市左京区で窃盗事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

Bは、京都府京都市左京区で青果店を営んでいました。
Aは青果店で買い物をしようと訪れましたが、財布をもっていませんでした。
そこで、魔がさしたAは、そこにあった果物数十点を持ち去ってしまいました。
その後Aは、京都府警下鴨警察署の警察官に逮捕されました。
逮捕されたAは、今後どうなるか不安になり、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(この事例はフィクションです)

Aは、窃盗罪(刑法第235条)で逮捕されました。
逮捕された被疑者は、警察署で取調べを受けることになります。
逮捕され、身体的にも精神的にも不安定になっているAさんのためにはどうすべきでしょうか。
この場合、弁護士に初回接見を依頼するということが考えられます。

≪初回接見とは≫
逮捕直後はご家族を含め誰にも会うことができません。
しかし、弁護士は、いつでも、立会人なしで自由に面会することができます。
 
特に逮捕された直後というのは被疑者も精神的にも肉体的に不安です。
そこで弁護士と会い、弁護士から、法的なアドバイスを受けることで、被疑者の負担を軽くし、今後の取調べに対応することができます。
具体的には、弁護士が被疑者から状況を確認し、違法捜査を防いだりすることができます。例えば、警察官が強制的に自白をとることを防止したりすることができます。

このように、刑事事件に強い弁護士が接見をすることで、被疑者の権利を正当に図ることができます。
京都府京都市左京区内で窃盗事件を起こし、逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問い合わせください。
京都府警下鴨警察署までの初回接見費用は、3万5000円)