【京都の刑事事件に強い弁護士】綴喜郡宇治田原町の強姦事件で取調べ

2017-04-30

【京都の刑事事件に強い弁護士】綴喜郡宇治田原町の強姦事件で取調べ

京都府綴喜郡宇治田原町に住んでいるAさんは、友人の女性であるVさんと、自宅で飲み会をした後、性行為を行いました。
Aさんは、Vさんも乗り気であったとかんじていたため、特に問題を感じていませんでしたが、後日、京都府田辺警察署の警察官から、VさんがAさんから強姦されたという被害届が出ていることを理由に取調べを受けるよう伝えられました。
Aさんは、寝耳に水の状態で、とにかく取調べ前に相談したいと思い、京都府刑事事件に強い弁護士の元へ行きました。
(※この事例はフィクションです。)

・強姦罪

暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦罪とされ、3年以上の懲役に処されます(刑法177条)。
また、13歳未満の女子を姦淫した者も、強姦罪とされます。
もし13歳未満の女子と、お互いに同意をして性行為をしたとしても、強姦罪にあたることになり、上記のように、3年以上の懲役が科されることとなります。

上記事例のように、同意があると信じ込んで性行為を行った場合、強姦罪にあたらないと判断される可能性はあります。
しかし、当時の状況や、被害者との関係など、専門的に検討すべき事項は非常に多くあります。
当事者だけでは、何をどのように主張すべきなのか、なかなか考えが及ばないでしょう。

そんな時こそ、専門家である弁護士に相談してみることが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件を専門とする弁護士が、初回は無料の法律相談を行っています。
強姦事件の容疑をかけられてしまってお困りの方、取調べに呼ばれたもののどのように対応すべきかお悩みの方は、一度、弊所の弁護士にご相談ください。
0120-631-881では、24時間体制で、相談のご予約を受け付けています。
刑事事件にお困りの方は、まずはお電話ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)