性犯罪の再犯防止なら弁護士 京都市南区の少年事件で任意同行

2017-05-01

性犯罪の再犯防止なら弁護士 京都市南区の少年事件で任意同行

京都市南区に住んでいる高校2年生のAくんは、好みの女性を見るとどうしても我慢ができなくなり、その体を触りたくなってしまいます。
ついにAくんは、性犯罪少年事件を起こし、京都府南警察署任意同行されることになりました。
Aくんの両親は、まさか自分の息子が性犯罪を起こすとは思わず、困惑しています。
Aくんも、自分の衝動が抑えられないことに困っていますが、どうすればいいのかわからず、途方に暮れています。
(※この事例はフィクションです。)

・性犯罪の再犯防止

性犯罪を起こしてしまうきっかけとなることは、人によって様々です。
ストレスを感じていて、そこから性犯罪を起こしてしまった人もいれば、退屈だと感じてスリルを求めて性犯罪を起こしてしまう、という人もいます。
もちろん、理由があっても性犯罪を起こすことはいけないことですし、被害者の方に深い傷を負わせてしまうことになります。
しかし、その根本の原因を解決しなければ、たとえ刑務所に入っていても、再び性犯罪を起こしてしまうかもしれません。

性犯罪再犯防止策には、たくさんの種類があります。
例えば、専門医に通い、カウンセリングを受けてみたり、認知行動療法を受けてみたり、家族の監督を常に受けるようにしたり、など、多岐に渡ります。
しかし、どのようなことをすれば性犯罪再犯防止になるのか、これからの社会復帰につながるのかは、なかなか分かりにくいでしょう。
性犯罪という性質上、周りの人に相談することもはばかられる、という方も多いでしょう。

そのような時こそ、弁護士との相談を利用しましょう。
弁護士であれば、ご相談いただいた内容が外に漏れる心配もありません。
性犯罪を起こしてしまってお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士ですから、お子さんが性犯罪を起こしてしまってお悩みの親御さんにも、安心してご利用いただけます。
まずはお電話にて、初回無料法律相談のご予約をお取りください。
京都府南警察署までの初回接見費用:3万5,200円)