危険運転で交通事故なら弁護士に相談~京都府舞鶴市で逮捕

2017-05-16

危険運転で交通事故なら弁護士に相談~京都府舞鶴市で逮捕

Aさんは、ある日の深夜、京都府舞鶴市内の道路で車を走らせていましたが、法定速度よりもかなりオーバーしたスピードで、赤信号が表示されているにもかかわらず、赤信号を無視して交差点に進入しました。
その際、横断歩道を渡ろうとしていたVさんと車が接触し、Vさんは全治2か月の大けがをしてしまいました。
Aさんは、京都府舞鶴警察署の警察官によって、危険運転致傷罪の容疑で逮捕されることになりました。
(※この事例はフィクションです。)

・危険運転で交通事故

ここ数年、「危険運転致傷罪」「危険運転致死罪」という罪名について、ニュースなどの番組でも取り上げられることが多いように感じます。
これらの犯罪は、通称「自動車運転処罰法」に定められている犯罪で、同法内に定められている「危険運転行為」を行ったことによって人を死傷した場合に成立する犯罪です。
自動車運転処罰法で「危険運転行為」とされている行為は大きく分けて6つあり、上記のAさんのように、法定速度を大きく超えて、かつ、赤信号を認識していながら無視して車を走行させる行為は、危険運転と認められる可能性があります(自動車運転処罰法2条5号)。
Aさんは、この行為によってVさんにけがをさせている=Vさんを傷害しているので、危険運転致傷罪が成立される可能性があります。

危険運転致傷罪の法定刑は、15年以下の懲役です(自動車運転処罰法2条)。
法定刑からみても分かるように、危険運転を行って、人を傷つけることは非常に重く考えられています。
危険運転致傷事件を起こしてしまったら、まずは弁護士に相談してみることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、交通事故を含む刑事事件専門の弁護士です。
交通事故を起こしてしまって警察に呼ばれているという方、身内が危険運転逮捕されてしまったという方は、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
0120-631-881では、初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申込を24時間受け付けています。
専門スタッフが丁寧にご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。
京都府舞鶴警察署までの初回接見費用についても、お電話でご案内します。