Archive for the ‘刑事事件’ Category

京都府和束町の飲酒運転事件で逮捕なら…交通事件の裁判は弁護士へ

2017-07-23

京都府和束町の飲酒運転事件で逮捕なら…交通事件の裁判は弁護士へ

Aさんは、飲み会の帰りに、飲酒運転をして、京都府相楽郡和束町にある自宅への帰路についていました。
すると、飲酒検問をしていた京都府木津警察署の警察官にAさんの飲酒運転が発覚し、Aさんは逮捕されてしまいました。
Aさんは勾留されることなく釈放されたものの、その後の取調べと捜査により、Aさんは過去に3度、飲酒運転で検挙されていることが発覚しました。
そして、Aさんは起訴されることとなってしまい、AさんとAさんの家族は、まさか飲酒運転で裁判になるとは思わず、途方に暮れています。
(※この事例はフィクションです。)

・飲酒運転でも起訴される?

皆さんご存知のように、飲酒運転は道路交通法で禁止されています。
飲酒運転のうち、酒酔い運転の法定刑は5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒気帯び運転の法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金と規定されています。

ご覧の通り、飲酒運転の法定刑には、懲役刑が規定されています。
懲役刑が規定されているということは、飲酒運転であっても、起訴され、正式な刑事裁判を受ける可能性、さらには、刑務所に入る可能性があるということです。
もちろん、飲酒運転を1回だけしてしまった、飲酒運転の初犯である、というようなケースで、いきなり正式な刑事裁判を受けて刑務所へ行くことになるということはほとんどないでしょう。
しかし、Aさんのように、飲酒運転を何回も繰り返しているような状態の場合、起訴されて刑事裁判を受ける可能性は高まっていきます。

たかが飲酒運転で事故も起こしてもいない、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、飲酒運転は大きな事故にもつながりかねない危険な行為で、上記のように懲役刑も規定されている犯罪です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回無料法律相談を行っています。
たかが飲酒運転と甘く見ずに、交通事件でお困りの場合は、弊所の弁護士までご相談ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)

マネーロンダリングって?京都府長岡京市の逮捕も対応の弁護士に相談

2017-07-21

マネーロンダリングって?京都府長岡京市の逮捕も対応の弁護士に相談

京都府長岡京市のAさんは、マネーロンダリングを行ったとして、京都府向日町警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、Aさんがマネーロンダリングを行った容疑で逮捕されたという知らせを受けましたが、マネーロンダリング自体の知識もありませんし、逮捕に対してどのように対応すべきなのかも分かりません。
困ったAさんの家族は、京都府長岡京市にも対応している弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
マネーロンダリングという言葉自体は聞き覚えのあるものの、意味はよく分からない、という方も多いかもしれません。
マネーロンダリングとは、日本語で、「資金洗浄」と言われる行為です。
違法薬物の売買や盗品の売買など、犯罪によって得られた汚れたお金を、正当な方法によって得たお金のように見せる=きれいに見せるための行為です。
マネーロンダリングは、架空の口座を転々とさせてお金の出どころを分からなくする方法や、架空ビジネスの利益として計上する方法などがあるとされています。

マネーロンダリングは、「マネーロンダリング防止法」のようなものがあるわけではなく、各法律によって規制されています。
例えば、規制薬物の取引によるマネーロンダリング行為については「麻薬特例法」で禁止されていますし、その他のマネーロンダリング行為や組織的なマネーロンダリング行為については、「組織犯罪処罰法(正式名称:組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律)」で禁止されています。

マネーロンダリングは、それ自体複雑な行為ですから、相談するのであれば、刑事事件に詳しい弁護士に相談してみるべきでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、マネーロンダリング事件にお困りの方のご相談をお待ちしております。
初回無料法律相談のご予約は、0120-631-881でいつでも受け付けていますので、まずはお電話ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

京都市左京区の商標法違反事件は弁護士へ!刑事事件で逮捕されたら

2017-07-19

京都市左京区の商標法違反事件は弁護士へ!刑事事件で逮捕されたら

京都市左京区に住むAさんは、有名なブランドであるVのロゴやデザインを無断で使用した装飾品を大量に生産・販売していました。
すると、ある日、京都川端警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Aさんは商標法違反の疑いで逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを聞いたAさんの家族は、商標法違反、という聞きなれない罪名に戸惑っています。
(※この事例はフィクションです。)

・商標法違反とは

商標法とは、商標権を保護するために存在する法律です。
では、商標法で保護されている商標権とはいったい何なのでしょうか。
商標権とは、登録された商標=消費者がサービスや商品の提供元を知るための標識を、独占排他的に商品やサービスに使用できる権利です。

この商標権を侵害すると、10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処される可能性があります(商標法78条)。
また、商標権を侵害する準備行為等を行うなど、商標権の侵害とみなされる行為をしてしまった場合は、5年以下の懲役又は500万円の罰金となります(商標法78条)。
これらの懲役と罰金は併科されることもあります。

商標権の侵害=商標法違反となりますが、商標権の侵害とは、業務として商標を使用することです。
自分でブランドのロゴやマークを書いて楽しむくらいの個人使用であれば商標法違反とはなりませんが、それを繰り返し売買しているなどの合は、個人事業を行っている場合と同様と判断され、商標法違反となる可能性があります。
上記の事例のAさんは、装飾品の大量の生産・販売を行っていますから、個人使用の目的とはいえなさそうです。
したがって、Aさんには商標法違反が成立すると考えられるのです。

商標法違反という犯罪は、インターネットやオークションなどが普及した今では、誰でもできてしまう犯罪なのかもしれません。
弁護士法人あいち刑事事件法律事務所の刑事事件専門の弁護士は、商標法違反逮捕されてお困りの方のお力になります。
24時間いつでも、初回無料法律相談・初回接見サービスのご予約・お申込みを受け付けていますので、まずはお電話ください。
京都府川端警察署までの初回接見費用:3万4,900円)

(改正刑法も相談)京都市北区の性犯罪に強い刑事事件専門の弁護士

2017-07-17

(改正刑法も相談)京都市北区の性犯罪に強い刑事事件専門の弁護士

会社員のAさんは、京都市北区の路上で、Vさんに抱き着いて体を触るという強制わいせつ事件を起こし、京都府北警察署に逮捕されました。
Aさんは、自分の起こした事件については改正刑法が適用されるいう話を小耳にはさみ、どのような変化があるのか気になっています。
一方、Aさんの家族は、性犯罪に強いという刑事事件専門の弁護士のもとを訪れ、Aさんの事件について相談することにしたようです。
(※この事例はフィクションです。)

・改正刑法と性犯罪

つい先日、7月13日に、改正刑法が施行されました。
今回の改正刑法では、上記事例のAさんが起こした強制わいせつ事件のような性犯罪について、従来の規定から大幅に改正がなされました。

主な改正のポイントとしては、①強姦罪が強制性交等罪になり、②強制わいせつ罪や強制性交等罪が非親告罪化し、③性犯罪について厳罰化がなされ、④監護者による性犯罪についての規定が新設されたことが挙げられます。

上記Aさんの強制わいせつ事件にかかわるポイントとしては、②が大きいでしょう。
強制わいせつ罪などの性犯罪については、被害者の名誉やプライバシーへの配慮のために、親告罪=被害者などの告訴がないと起訴できない犯罪とされていました。
しかし、性犯罪の被害者に対し、告訴するのかどうか迫るような形になってしまうことで逆に性犯罪の被害者を追い詰めてしまっていたり、性犯罪の加害者からの報復等を恐れて告訴できない等の声があり、今回の非親告罪化となったようです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
刑事事件を専門に扱っている弁護士ですから、改正刑法についてのご相談や、性犯罪についてのご相談ももちろん受け付けています。
弁護士による法律相談の初回はどなたでも無料ですから、まずは弁護士に話を聞いてみたい、という方でもお気軽にご相談いただけます。
京都性犯罪にお悩みの方は、まずは弊所までお問い合わせください。
京都府北警察署までの初回接見費用:3万6,300円)

クレプトマニアを弁護士に相談…京都府城陽市の万引き事件で逮捕なら

2017-07-15

クレプトマニアを弁護士に相談…京都府城陽市の万引き事件で逮捕なら

京都府城陽市に住むAさんは、近所のコンビニで万引きをしてしまい、京都府城陽警察署逮捕されてしまいました。
Aさんは、これまでも何回も万引きをして警察を呼ばれたことがある万引きの常習犯でした。
しかし、Aさんはお金に困っているわけでもなく、なぜそんなに万引きを繰り返してしまうのか分からないでいました。
すると、家族の依頼で接見に訪れた弁護士から、クレプトマニアの可能性があるのではないかと言われました。
(※この事例はフィクションです。)

・クレプトマニア?

クレプトマニアとは、窃盗癖、窃盗症とも呼ばれる、精神障害の1種です。
クレプトマニアは、その名前の通り、窃盗を繰り返してしまうというもので、お金があるにもかかわらず万引きなどの窃盗行為を繰り返してしまったり、万引きなどを行った際に達成感があったりして、「物を盗む」という行為が目的であることなどがクレプトマニアの特徴であると言われます。
特にお金に困っていないのに、自分でも理由が分からないのに、そんな状態で何度も万引きを繰り返してしまう場合、クレプトマニアの可能性があります。

クレプトマニアは、上記の通り、精神障害ですから、専門的な治療やカウンセリング、周囲のフォローが必要です。
本人の力だけでクレプトマニアを改善させることは難しいでしょう。
たとえ盗んだものの被害額が数百円の万引き事件であっても、万引きを繰り返しているのであれば、正式裁判になって刑務所へ行く可能性も十分あります。
それを防ぐには、早い段階で治療などを行い、クレプトマニアを改善し、万引きの再犯防止を図ることが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回は無料の法律相談を行っています。
何回も万引きを繰り返し、逮捕されてしまってお困りの方、クレプトマニアの事件についてお悩みの方、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
京都府城陽警察署までの初回接見費用:3万8,200円)

【暴力行為処罰法?】京都府向日市の逮捕にも対応の弁護士へ相談

2017-07-13

【暴力行為処罰法?】京都府向日市の逮捕にも対応の弁護士へ相談

京都府向日市に住んでいるAさんは、隣人であるVさんと口論になった際、自宅から日本刀を持ち出し、Vさんに対して切りつけました。
Vさんは全治2週間のけがを負い、Aさんは、通報によって駆け付けた、京都府向日町警察署の警察官に、暴力行為処罰法違反の容疑で逮捕されました。
Aさん逮捕の知らせを聞いたAさんの家族は、暴力行為処罰法という聞きなれない犯罪に困惑し、京都府の刑事事件に強いという弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・暴力行為処罰法とは

暴力行為処罰法という法律は、なかなか聞きなじみのない法律かもしれません。
暴力行為処罰法とは、正式名称を「暴力行為等の処罰に関する法律」と言います。
集団的な暴力行為や、継続的・常習的な暴力行為、刃物などによる暴力行為について、暴力行為処罰法では、刑法の暴行罪・傷害罪よりもより広範囲かつ重く帰省しています。
元々、暴力行為処罰法は、暴力団による集団的な暴力行為等を規制するためにできた法律だそうですが、学生運動の取り締まりなどにも使われる法律で、現在では、家庭内暴力(DV)や学校などでのいじめにも、暴力行為処罰法が適用されるケースがあります。

上記事例では、Aさんは日本刀を用いてVさんを切りつけています。
暴力行為処罰法の1条の2の1項には、「銃砲又は刀剣類を用いて人の身体を傷害したる者は1年以上15年以下の懲役に処す」と規定があります。
Aさんはこの条文に該当する容疑で逮捕されたと考えられます。
傷害罪の法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですから(刑法204条)、今回のような刀剣類での傷害行為について罰金規定のない暴力行為処罰法がどれだけ厳しい処分を規定しているのかお分かりいただけると思います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士が所属する法律事務所です。
暴力行為処罰法違反事件というなじみのない刑事事件についても、弁護士が丁寧に対応いたします。
初回の法律相談は無料ですから、お気軽に弁護士までご相談いただけます。
京都府の刑事事件にお悩みの方、ご家族の逮捕にお困りの方は、弊所の弁護士までご相談下さい。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

大麻などの薬物事件は弁護士へ!京都府南丹市の逮捕にも対応

2017-07-12

大麻などの薬物事件は弁護士へ!京都府南丹市の逮捕にも対応

京都府南丹市に住んでいるAさんは、常日頃から大麻を使用していました。
Aさんは、大麻取締法では大麻の使用について禁止されていないと聞いたことがあったので、大麻の使用をしても大丈夫だろうと考えていました。
しかし、近隣住民の通報により、京都府南丹警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Aさんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、家族の依頼で接見にやってきた、薬物事件に強い弁護士に、大麻取締法について詳しく聞くことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・大麻の使用はセーフ?

上記の事例でAさんが知っていたように、大麻取締法では、大麻の使用について禁止する条文はありません。
大麻は、覚せい剤などよりは低いものの、依存性のある薬物ですし、大麻を乱用することは危険ともされています。
では、なぜ大麻取締法大麻の使用について禁止されていないのでしょうか。

それは、日本で大麻の栽培や利用が長年行われてきたことからであるといわれています。
衣料品にも使われる「麻」「リネン」といったものは、大麻草の繊維ですし、調味料の七味唐辛子にも、「麻の実」が入っています(大麻の陶酔作用のある成分は葉や花にあるので、衣類や麻の実に触れたりしても問題はありません)。
これらを作るためには、当然、大麻草を栽培しなければなりませんが、栽培する業者の方々が、大麻の成分を微量ながらも吸引してしまう可能性があります。
これを罰することを避けるために、大麻の使用について、大麻取締法で禁止することを避けている、と言われているのです。

では、大麻の使用は禁止されていないのだから大麻を使用してもよいのかというと、そういうことでもありません。
大麻取締法では、大麻の所持を禁止しています。
大麻を所持せずに使用することは物理的に困難ですから、大麻を使用した場合、大麻を所持したことによる大麻取締法違反で捜査されたり逮捕されたりする可能性が高いといえます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回無料法律相談や初回接見サービスを行っています。
大麻などの薬物事件にお困りの方は、まずは0120-631-881からお問い合わせください。
京都府南丹警察署までの初回接見費用:4万1,200円)

【逮捕回避を相談】京都府大山崎町の詐欺事件なら弁護士へ

2017-07-11

【逮捕回避を相談】京都府大山崎町の詐欺事件なら弁護士へ

京都府乙訓郡大山崎町在住のAさんは、詐欺グループの一員として、詐欺事件を起こしてしまいました。
しかし、共犯者の1人が京都府向日町警察署に取調べを受けたことをきっかけとして、Aさんも京都府向日町警察署に呼び出しを受けることになりました。
Aさんは、取調べに行ったらそのまま詐欺事件の犯人として逮捕されてしまうのではないかと怖くなり、前もって弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕回避のためには?

詐欺事件を起こしたAさんは、京都府向日町警察署から呼び出しを受けていますが、まだ逮捕はされていません。
しかし、Aさんが不安に思っているように、取調べに向かった先でそのまま逮捕、という可能性は十分考えられます。
そもそも、逮捕とはどのような場合になされるのでしょうか。

逮捕は、被疑者に逃亡のおそれや、証拠隠滅を行うおそれがある際に行われます。
特に、Aさんが今回関わっているような、複数人で共犯した詐欺事件のような事件では、口裏合わせなどによる証拠隠滅の可能性を疑われ、逮捕などによる身体拘束がなされやすい傾向にあります。
それでも、逆に言えば、逃亡や証拠隠滅のおそれがないことを証明できれば、逮捕を回避できる可能性があるということになります。

逮捕回避のためには、早期の弁護士への相談が重要です。
そして、もしも逮捕されてしまったとしても、事前に弁護士に相談しておくことで、迅速な対応が取れます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門ならではのスピード対応で、依頼者様・相談者様のために活動いたします。
まずは弊所の弁護士まで、ご相談下さい。
京都府向日町警察署までの初回接見費用については、お電話にてご案内致します。

京都府長岡京市の偽計業務妨害事件には…刑事事件専門の弁護士

2017-07-08

京都府長岡京市の偽計業務妨害事件には…刑事事件専門の弁護士

京都府長岡京市に住んでいるAさんは、自分の運営しているインターネット上のサイトの集客を図ろうと、芸能人Vさんについて、「Vさんは暴力的でDVをしている。」「家族や友人に怒ってすぐ殴る。」などといった嘘の記事をもっともらしく書き、掲載・拡散しました。
するとある日、Aさんのもとへ京都府向日町警察署の警察官がやってきて、Aさんは、偽計業務妨害罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・中傷記事で業務妨害?

つい先日、とある男性俳優について、違法薬物を使用しているというような虚偽のブログ記事を掲載し拡散したとして、男女3人が偽計業務妨害罪の容疑で書類送検されるという偽計業務妨害事件が報道されたのは、記憶に新しいところでしょう。
上記事例のAさんも、インターネット上のサイトにVさんについての虚偽の記事を掲載し、偽計業務妨害罪の容疑で逮捕されています。

この偽計業務妨害罪とは、刑法233条後段に規定されている犯罪です。
条文では、「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて」「その業務を妨害した者」が偽計業務妨害罪にあたるとされ、偽計業務妨害罪となれば、「3年以下の懲役又は50慢円以下の罰金」に処せられるとされています。

Aさんは、Vさんについての虚偽の記事をサイトに掲載して拡散しているので、偽計業務妨害罪の「虚偽の風説を流布」しているといえるでしょう。
さらに、Vさんについてマイナスイメージがつくような記事だったわけですから、Vさん及びその所属事務所の「業務」を妨害していた(又は業務を妨害する危険が存在していた)といえそうです。
このようなことから、Aさんには偽計業務妨害罪が成立する可能性があるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、刑事事件専門の弁護士が所属しています。
ちょっとした出来心から偽計業務妨害事件となってしまってお困りの方もいるでしょう。
まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

おとり捜査で逮捕?京都府福知山市の危険ドラッグ事件は弁護士へ

2017-07-06

おとり捜査で逮捕?京都府福知山市の危険ドラッグ事件は弁護士へ

京都府福知山市に住んでいるAさんは、危険ドラッグの販売を繰り返す常習犯でした。
ある日、Aさんがいつものようにインターネットで危険ドラッグの買い手を募集していたところ、危険ドラッグを買いたいというKさんから連絡があったので、Aさんは販売する危険ドラッグを持ち、取引現場へ向かいました。
すると、京都府福知山警察署の警察官が待ち伏せており、Aさんは危険ドラッグを所持していたとして、現行犯逮捕されてしまいました。
実はKさんは警察関係者で、これはおとり捜査だったのです。
(※この事例はフィクションです。)

・おとり捜査?

刑事ドラマなどでよく目にする「おとり捜査」ですが、このおとり捜査には、以下のように、「犯意誘発型」と呼ばれるものと、「機会提供型」と呼ばれるものがあります。
おとり捜査と言っても、以下のような種類があるのです。

犯意誘発型とは、捜査機関が相手方に働きかけて、犯意(=犯行を行う意思)を起こさせて犯罪を実行させるものです。
一方、機会提供型のおとり捜査は、すでに犯意を起こしている相手方に犯行の機会を与えるものであると言われています。

このうち、犯意のないはずの相手方に犯意を起こさせてしまう犯意誘発型のおとり捜査は、相手方の人権を侵害するものとして許されないとされています。
他方、機会提供型のおとり捜査については、任意捜査(=強制力の働かない捜査)の範囲であれば許されるとされています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士は、おとり捜査で逮捕されて困っている方、危険ドラッグ所持・販売で逮捕されて困っている方のお力になります。
初回無料相談や初回接見サービスも行っておりますので、薬物事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府福知山警察署までの初回接見費用については、お電話にてご案内致します。

« Older Entries