(逮捕)京都市西京区の殺人事件で執行猶予 情状弁護の刑事弁護士

2018-08-08

(逮捕)京都市西京区の殺人事件で執行猶予 情状弁護の刑事弁護士

Aさんは、京都市西京区で起きた殺人事件の被疑者として、京都府西京警察署逮捕された。
確かにAさんは、毒薬で友人のVさんを殺したのだが、Vさんは、長年つらい精神病に悩まされ、近年は体調も悪かったため、生きる希望をなくした状態であった。
そんなVさんから「殺してほしい」と頼まれたAさんは、今後のVさんの人生を考えると殺したほうがいいと思い、仕方なく殺害したのだった。
Aさんの家族は、こうした事情から、なんとかAさんを執行猶予にして刑務所へ行くことを回避できないかと、弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~情状弁護による執行猶予獲得~

起訴・不起訴の判断をするのは検察官です。
刑事裁判で有罪・無罪の判断をするのは裁判官です。
刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、不起訴や無罪、執行猶予や減刑を勝ち取り、依頼者の利益を守るために、検察官や裁判官に様々な主張を展開します。
もちろん、そこで中心となるのは法律的な主張ですが、弁護士の弁護活動は、法律的な主張を行うだけにとどまりません。

例えば、今回の事例であれば、なぜこのような凄惨な殺人事件が起きてしまったのか、その背景を詳しく主張します。
法律に基づいて被疑者・被告人に対する処分を決めるわけですから、検察官や裁判官がそう簡単に情に流されることはないでしょう。
しかし、刑法66条では、情状酌量によって減刑が可能であることを定めています。
情状弁護により、情状酌量の余地があることを認めてもらうことで減刑を獲得できれば、法定刑が重く、執行猶予を獲得することが難しい殺人罪でも、執行猶予を獲得できる可能性が出てきます。
(なお、今回のAさんには、殺人罪でなく同意殺人罪が成立する可能性があります。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
刑事事件でお困りの方、情状弁護についてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府西京警察署への初回接見費用:36,800円