京都市中央区の少年事件で逮捕 早期の身柄解放活動に弁護士

2017-02-19

京都市中央区の少年事件で逮捕 早期の身柄解放活動に弁護士

Aさんは、京都市中央区に住んでいる未成年の少年です。
Aさんはある日、少年事件を起こし、逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、どうにかAさんの身体拘束を解いてほしいと思い、弁護士身柄解放活動を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・身柄解放活動

上記の事例では、Aさんは逮捕されてしまい、身柄を拘束されている、という状態です。
ご家族が逮捕・勾留などの身体拘束を受けた場合、どうにかして出してあげたい、解放してあげたいと考えるのは、自然なことでしょう。
弁護士は、そうした方々の依頼を受け、身柄解放活動を行います。

この身柄解放活動は、早期であればあるほど、幅が広がり、多くの対策を講じることができるようになります。
逮捕される前であれば、まずは逮捕をされないようにするための活動ができますし、逮捕されてしまったとなれば、そこから釈放してもらえるよう、さらには、勾留されて引き続き身体拘束が行われないように活動を行うことができます。
もちろん、勾留されてからも、釈放してもらえるように身柄解放活動を行い、勾留延長がなされてさらなる身体拘束が続かないようするための活動も行います。

このように、身柄解放活動にはさまざまな種類・段階があり、前述のように、早ければ早いほど、その数が増えることが分かります。
したがって、逮捕されるかもしれないと感じた段階や、逮捕直後に弁護士に相談することが望ましいといえるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を専門に扱う事務所です。
刑事事件・少年事件専門の弁護士だからこそ、スピードを求められる身柄解放活動にも積極的に取り組むことができます。
弁護士が、警察署にいる被疑者本人に接見(面会)に行く、初回接見サービスは、受付が完了してから24時間以内に、弁護士が警察署へ向かいます。
ご家族が逮捕されてお困りの方、身柄解放活動をしてほしいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府南警察署までの初回接見費用:3万5200円)