常人逮捕とは?京都府京田辺市の刑事事件は弁護士に相談

2018-02-14

常人逮捕とは?京都府京田辺市の刑事事件は弁護士に相談

京都府京田辺市に住んでいるAさんの妻は、京都府田辺警察署から連絡を受けました。
警察官によると、Aさんが刑事事件を起こし、常人逮捕され、現在は京都府田辺警察署に留置されているというのです。
常人逮捕という聞きなれない言葉と、家族が逮捕されるという事態に困惑したAさんの妻は、刑事事件に強い弁護士に相談して、今後の動きを決めることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・常人逮捕とは

常人逮捕という逮捕を聞いたことはあるでしょうか。
常人逮捕は、私人逮捕とも呼ばれる逮捕です。
文字通り、常人逮捕(私人逮捕)は、警察官等の捜査機関に属する人間ではない一般人が逮捕を行うことを言います。

ここで、一般人が逮捕を行っていいのかと疑問に思われる方もいるかもしれません。
実は、常人逮捕は、現行犯逮捕に限って許されています。
刑事訴訟法では、現行犯逮捕については、誰でも行うことができると規定されています。
現行犯であれば、誤認逮捕の危険性も少ないため、逮捕状の必要がなく、誰でも逮捕が可能であるという規定になっているのです。
ですから、常人逮捕をされたということは、一般人に現行犯逮捕されたということなのです。

常人逮捕された場合、逮捕された被疑者は、警察等捜査機関に引き渡されることとなります。
しかし、現行犯逮捕ということは、現場で唐突に逮捕が行われたということですから、被疑者のご家族や勤務先の方が、詳しい事情を知る由もなく、被疑者本人と連絡が取れなくなってしまいます。
こんな時こそ、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談いただきたいのです。
弊所では、弁護士が直接、逮捕された被疑者へ面会へ行く初回接見サービスがございます。
なぜ逮捕されてしまったのか、これからどうすべきなのか等、弁護士が当事者から詳しい話を聞き、ご家族等依頼者様にお伝えすることが可能です。
サービスについては、0120-631-881でいつでもご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7,600円)