少年事件に強い弁護士が所属!京都市北区の事後強盗事件で相談なら

2017-05-15

少年事件に強い弁護士が所属!京都市北区の事後強盗事件で相談なら

京都市北区在住の男子高校生Aさんは、京都市北区内の本屋で、漫画本を2冊万引きしました。
Aさんは店の警備員Vさんに呼び止められ、警備室への同行を求められましたが、事件発覚を恐れて、思わずVさんを突き飛ばして逃亡しました。
後日、京都府北警察署の警察官がAさんの自宅を訪れ、Aさんは事後強盗罪の容疑で任意同行されることになってしまいました。
(フィクションです。)

【事後強盗とは】

刑法238条によれば、窃盗犯が以下の目的で暴行または脅迫を行った場合、強盗として扱われ、これを事後強盗罪といいます。
・財物を得たあと、取り返されるのを防ぐこと
・逮捕を免れること
・罪跡を隠滅すること

上の事件では、Aさんは万引きを行い(=Aさんは窃盗犯)、さらに逮捕を恐れてVさんを突き飛ばした(=Vさんに暴行をふるった)ことから、事後強盗と判断されています。
一見ただの窃盗事件のように見える事件でも、ケースによっては、事後強盗事件というより重い事件へと発展する可能性があるのです。

【少年事件での弁護士の活動】

少年事件では、弁護士は、捜査段階では弁護人、家庭裁判所に事件が送致されてからは付添人として活動します。
成人の事件と同じように、取調べ対応のための助言や、被害者の方との示談交渉に向けての活動はもちろん、少年事件特有の少年の更生のための活動も行います。
早期に少年事件に強い弁護士に相談することで、その事件の事情や、少年自身や環境の問題への理解が深まり、より幅広い活動が行えます。
たかが子供の起こした事件と思わずに、少年事件でお困りの際は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
少年事件にも強い、刑事事件専門の弁護士が、丁寧に対応します。
京都府北警察署までの初回接見費用:36,300円)