少年事件に強い弁護士が対応! 京都市東山区の覚せい剤事件で逮捕なら

2017-05-09

少年事件に強い弁護士が対応! 京都市東山区の覚せい剤事件で逮捕なら

Aくん(17歳)は、京都市東山区の路上でBさんから声をかけられ、覚せい剤を購入してしまいました。
覚せい剤を使用し、その使用感に夢中になったAくんは、たびたびBさんから覚せい剤を購入し、使用するようになりました。
しかし、Bさんが京都府東山警察署逮捕されたことをきっかけにして、Aくんが覚せい剤を購入していたことも発覚し、Aくんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年と覚せい剤

覚せい剤事件と少年は、一見かかわりが薄いように思えます。
親御さんも、まさか自分の子供が覚せい剤なんて、と思う方も多いでしょう。
しかし、平成28年版の犯罪白書によると、平成27年の覚せい剤取締法違反による少年の送致人員は、平成26年に比べて67人増加した、144人とされています。
このように、年間100人を超える少年が、覚せい剤取締法違反事件に関わっているのです。
実際に、中高生が覚せい剤を使用して逮捕されたり、親と一緒に自首をしたり、というニュースは散見されます。

では、もしも自分の子供が覚せい剤事件を起こしてしまったら、どうすればよいのでしょうか。
逮捕などによる身体拘束からの解放活動や、再犯防止のための対策など、やるべきことは非常に多く、そして専門的です。
そんな時こそ、プロの弁護士に相談してみましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、覚せい剤事件などを含む刑事事件専門の弁護士であり、さらに少年事件にも特化した弁護士です。
少年事件に強い弁護士が、依頼者様のため、少年事件を起こしてしまった少年のために尽力します。
まずは、弊所の弁護士による、初回無料法律相談をご利用ください。
京都府東山警察署までの初回接見費用:3万4,100円)