(早期の相談で試験観察に)京都市下京区の少年事件に強い弁護士

2017-05-27

(早期の相談で試験観察に)京都市下京区の少年事件に強い弁護士

京都市下京区に住んでいるAくん(16歳)は、少年事件を起こし、京都府下京警察署に逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを聞いたAくんの両親は、少年事件は成人の刑事事件と違って特殊だと聞いたことがあったため、すぐに京都市少年事件に強いという弁護士に相談することにしました。
その結果、少年院送致かもしれないと言われていたAくんは、試験観察後に保護観察となりました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件は早期に相談が吉?

少年事件は、成人の刑事事件と違い、少年の更生を第一義としています。
そのため、少年が更生できる環境が整っているのかどうか、再び少年事件を起こさないようにできるかどうか、というような点が重視されます。
それらを十分にクリアするために弁護士が行うのが、いわゆる環境調整という活動です。

しかし、その環境調整は、1日2日ですぐできる、という類のものではありません。
なぜ少年事件を起こしてしまったのか、どのようにすればその原因を取り除けるのかを把握することはもちろん、それらの対策を実際に弁護士と少年、そのご家族で一丸となって実行していくことが必要です。
そのためには、ある一定の期間が必要とされます。
ですから、少年事件は早期に弁護士にご相談いただく方が、弁護士の活動に幅が出るのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、0120-631-881で、24時間いつでも初回無料法律相談のご予約を受け付けています。
刑事事件・少年事件専門の弁護士が、少しでも相談者様・依頼者様の不安を解消できるよう、丁寧に対応させていただきます。
京都少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府下京警察署までの初回接見費用:3万3,800円)