京都市東山区の過失運転致傷事件で任意同行 刑事事件に強い弁護士

2016-12-26

京都市東山区の過失運転致傷事件で任意同行 刑事事件に強い弁護士

京都市東山区の会社に勤務しているAさんは、自動車で会社に通っています。
ある日、Aさんはわき見運転をしてしまい、その拍子に道路脇を歩いていたVさんに接触しVさんを転倒させ、Vさんは全治2週間の怪我を負ってしまいました。
通行人からの通報で駆け付けた京都府東山警察署の警察官は、Aさんを、過失運転致傷罪の疑いで任意同行しました。
(※この事例はフィクションです。)

過失運転致傷罪について

過失運転致傷罪は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律、いわゆる自動車運転処罰法の5条に定められています。
それによると、自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を傷害した者は、過失運転致傷罪とされ、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができるともされており、過失運転致傷罪であったとしても、ケースによっては、刑罰を受けずに済む場合もあることが分かります。

したがって、過失運転致事件を起こしてしまった場合、まずは被害者の方への謝罪、弁償を行い、示談の締結等により、和解することが非常に大きなポイントとなります。
しかし、被疑者・被告人本人に被害者の方の情報はそうそう教えてもらえませんし、どうにかコンタクトがとれたと思っても、お互いに感情的になってしまって話がまとまらない、というような状況に陥りがちです。
しかし、そのような時にこそ、刑事事件に強い弁護士を間に挟むことで、被害者の方への謝罪や弁償への手助けとなったり、情状を検察官や裁判官に少しでも分かってもらえるような活動をしてもらえたりします。

過失運転致傷事件や刑事事件でお困りの方、任意同行を求められて不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、初回無料相談や初回接見サービスを通して、被疑者・被告人やその家族をサポートいたします。
京都府東山警察署までの初回接見費用:3万4100円)