京都府長岡京市の痴漢事件で呼び出し 逮捕回避活動の刑事事件専門弁護士

2017-01-22

京都府長岡京市の痴漢事件で呼び出し 逮捕回避活動の刑事事件専門弁護士

京都府長岡京市内を走る電車で通勤しているAさんは、ある日、痴漢事件の容疑者として、京都府向日町警察署呼び出しを受けました。
Aさんはたしかに痴漢行為を行ったことがあり、呼び出しに応じたらそのまま逮捕されてしまうのではないかと不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

逮捕回避活動について

刑事事件を起こしたら絶対に逮捕される、と想像される方も多いかもしれません。
しかし、逮捕とは、必ずされるものではなく、条件が満たされた場合にのみ、行われるものなのです。

通常、逮捕には逮捕状が必要とされています(刑事訴訟法199条)。
逮捕状は、裁判官が発するもので、逮捕の理由と必要性が認められる場合に、裁判官が逮捕状を発することになります。

逮捕の理由とは、被疑者が罪を犯したと疑われる相当な理由をいいます(刑事訴訟法199条1項本文)。
被疑者が罪を犯したと疑う理由が荒唐無稽なものの場合、この条件は満たされず、逮捕状は発せられません。

そして、逮捕の必要性とは、被疑者の逃亡・罪証隠滅のおそれをいいます(刑事訴訟法199条2項但し書き)。

したがって、逮捕を回避するためには、犯罪を犯したと疑われる理由のないことや、逃亡や罪証隠滅のおそれがないことを、早期に主張していくことが必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門弁護士ですから、迅速な対応が必要な逮捕回避活動もスピーディーに対応します。
初回無料法律相談や初回接見のご予約は、0120-631-881で、24時間、専門のスタッフが受け付けています。
痴漢事件でお困りの方、どうにか逮捕を回避したいと考えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7200円)