京都府宮津市の強制わいせつ事件で逮捕 示談に臨む刑事事件専門の弁護士

2017-05-06

京都府宮津市の強制わいせつ事件で逮捕 示談に臨む刑事事件専門の弁護士

京都府宮津市に住むAさんは、飲み会の帰り道、前を歩いていた女性Vさんに抱き着き、抵抗するVさんを押さえて服の中に手を入れてVさんの身体を触りました。
その後、Vさんが被害届を出したことをきっかけとして、Aさんは京都府宮津警察署の警察官に、強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・親告罪と示談

上記事例の強制わいせつ罪は、親告罪と言い、被害者の告訴がなければ起訴できない犯罪であると規定されています(刑法180条)。
すなわち、親告罪の場合は、被害者の方に謝罪を行い、示談交渉によって告訴を取り下げてもらうことで、裁判を受けることも前科がつくこともなくなるということです。

もしも告訴の取り下げまでは至らなくとも、謝罪や示談が行われていることは、裁判の際、量刑を判断する大事な材料とされますから、被害者の方への謝罪、示談交渉は、大変重要なことといえます。

しかし、被害者の方への謝罪や示談交渉は、当事者のみでは難しいというのが現実です。
被害者の方の情報は、加害者やその家族にはなかなか教えられるものではありませんし、もしも被害者の方に心当たりがあって、示談の場を設けてもらったとしても、当事者同士では折り合いをつけることができず、かえって示談交渉を行う前よりも、両者の間の溝が深まってしまう可能性があります。

そんな時こそ、刑事事件に強い弁護士に相談し、両者の間に入ってもらうことが大切です。
刑事事件専門の弁護士であれば、親告罪や示談交渉のプロですから、今までの知識や経験を活かし、最大限の努力を持って積極的に活動を行うことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件を専門に取り扱っています。
強制わいせつ罪で告訴や逮捕をされてしまってお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府宮津警察署までの初回接見費用のご案内は、0120-631-881で24時間いつでも受け付けています。