京都府京丹後市の女性のストーカー事件で逮捕 少年事件に強い弁護士

2017-02-21

京都府京丹後市の女性のストーカー事件で逮捕 少年事件に強い弁護士

Aさんは、京都府京丹後市に住んでいる、19歳の女子大生です。
Aさんは、同じ大学の同級生である、男子大学生Vさんに好意を寄せており、Vさんの行くところ行くところについて回っていました。
バイト先にまでついてくるAさんに君の悪さを感じたVさんは、Aさんに付きまといをやめるように伝えましたが、Aさんの行為はエスカレートするばかりで、ついにはVさんの自宅周辺にまでついてきて、待ち伏せ等も行うようになってしまいました。
Vさんは、京都府京丹後警察署に、Aさんにストーカーされているとして、被害届を提出することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・ストーカー事件の加害者

ストーカー事件のような性犯罪では、加害者はイコール男性、というようなイメージをお持ちの方も多いかと思います。
実際に、ストーカー事件の加害者の割合を見てみると、約9割が男性で、残りの約1割が女性、という構成になっているそうです(警視庁統計より)。
たしかに、加害者が男性であることが多いようですが、それでも、女性が加害者になりうる犯罪であるということは、約1割、女性の加害者がいることからも分かると思います。

また、ストーカーの加害者の年齢で多く見られるのは20代~30代であり、次に40代、50代と続き、10代のストーカーは、割合でいえば1番少ないそうです(警視庁統計より)。

上記の事例のAさんは、この割合から見れば、比較的珍しいケースとなりそうですが、数字として挙がっていることから分かるように、このような事件が起こる確率は、ゼロではないのです。
刑事事件・少年事件専門の弁護士であれば、このような場合でも、経験と知識を生かして依頼者の方のお力になれるように活動していくことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門として取り扱っています。
突然お子さんが少年事件を起こしてしまった、さらにどうやら比較的少数のケースのようだ、となれば、誰もが混乱してしまうでしょう。
弁護士に相談することによって、少年事件の流れや、今後の展開について、説明してもらうことができ、不安の軽減につながります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による初回無料法律相談のご予約は、0120-631-881まで、お電話ください。
京都府京丹後警察署までの初回接見費用についても、上記のフリーダイヤルにて、ご案内します。