京都府京田辺市の強要事件で少年が取調べ デートDVの弁護に弁護士

2017-04-09

京都府京田辺市の強要事件で少年が取調べ デートDVの弁護に弁護士

京都府京田辺市に住んでいる高校生のAくん(17歳)は、同級生のVさんと付き合っています。
Aくんは、Vさんのことが好きである余り、Vさんのスマートフォンや、そこに入っている無料通話アプリに登録されているAさん以外の男性の連絡先を、目の前で消すように言いました。
しかし、Vさんが拒否したことに怒り、近くにあった机を蹴りつけ、再度Vさんに連絡先を目の前で消すよう言いました。
Vさんは怖くなり、連絡先を消しましたが、その後、京都府田辺警察署に相談に行き、そのVさんの相談がきっかけで、Aさんは強要罪の疑いで警察に取調べを受けることになりました。
(※この事例はフィクションです。)

・デートDVで強要事件?

デートDV、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
デートDVとは、交際中の相手に、身体的・精神的・性的に暴力を受けることをいいます。
DVと聞くと、夫婦の間や家庭内での暴力、というイメージがありますが、デートDVは、若い恋人たちなどの中で起こってしまうDVの話です。

今回の事例のAさんは、Vさんに無理矢理自分以外の男性の連絡先を消させています。
Aさんが疑われている強要罪とは、暴力などで相手を脅し、義務のないことをさせることで成立します。
強要罪にいう「暴力」は、直接相手に振るわれるものでなくとも、相手が畏怖すれば、暴力を行使したとみなされます。
Aさんは、机を蹴りつけることでVさんを畏怖させ、連絡先を消させていますから、強要罪にあたる可能性があるのです。

このように、DVという単語に関係のなさそうな10代の若者でも、デートDVの加害者になりえ、さらには刑事事件・少年事件の中心となってしまう可能性があります。
デートDV関連の刑事事件・少年事件にお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件・少年事件専門の弁護士が、初回は無料の法律相談を行っています。
法律相談の予約は、0120-631-881で、24時間いつでも可能です。
弁護士に相談するなら、早めにすることが重要ですから、悩んだらまずはお電話ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)