京都市西京区内で逮捕 盗撮事件に強い刑事専門弁護士

2016-11-02

京都市西京区内で逮捕 盗撮事件に強い刑事専門弁護士

京都市西京区内に住むAさん(24歳)は、通勤途中の満員電車内で、目の前に立っていた女性Vのスカート内を、スマートフォンを使って撮影してしまいました。
これに気が付いた周りの乗客にAさんは現行犯逮捕され、そのまま盗撮の容疑で京都府西京警察署へ連れていかれました。
後に分かったことなのですが、Vは16歳だったということです。
Aの両親は、今後のAに対する刑事事件の流れを聞くため、刑事専門の弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【未成年者への盗撮行為】
公共の場所において、盗撮行為をした場合、各都道府県の定める条例違反となる可能性があります。
例えば、上記のように京都府西京区盗撮事件であれば、京都府迷惑行為防止条例違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
他の都道府県では、上記Aさんと同じような行為をした場合には、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金とされているところもあります。
京都府も昔はそうでした。
しかし、盗撮行為は、撮影された映像が残存することで、繰り返し見られたり、インターネット上に流出するなどの危険性を有しており、極めて迷惑性の高い行為であることや、条例で、罰則が整備されていたにも拘わらず、盗撮事件が増加してきたことから、罰則を強化して、適切に対応することが必要であったことから、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」にそれぞれ罰則を強化されました。
(京都府警察(http://www.pref.kyoto.jp/fukei/anzen/seitai/meibou/)参照)

未成年者に対して盗撮行為をしてしまった場合、謝罪や賠償をする相手は、被害者の法定代理人(保護者)になります。
自分の大事な子供が犯罪の被害に遭ったわけですから、保護者の怒りは相当なものであることが多く、加害者が謝罪したいといっても門前払いの場合が多くあります。
そのような時は、弁護士に間へ入ってもらうことが、有効と言えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事専門ですから、相手方が法定代理人である示談も多く経験してきました。
京都府西京区内の盗撮事件で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府西京警察署 初回接見費用:3万6800円)