環境調整なら弁護士へ相談~京都市山科区の少年事件で逮捕されたら

2017-07-14

環境調整なら弁護士へ相談~京都市山科区の少年事件で逮捕されたら

京都市山科区に住んでいる高校1年生のAさんは、少年事件を起こしたとして、京都府山科警察署逮捕されました。
その後、Aさんは家庭裁判所へ送致されることとなりましたが、AさんもAさんの家族も、少年事件の流れについて全く分からない状態で困っています。
Aさんの家族は、京都市少年事件に強いという弁護士に相談し、少年事件には環境調整が重要だという話を聞き、弁護士に依頼して協力してもらうことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件と環境調整

少年事件には、成人の刑事事件とは異なる手続きや考え方が多く存在します。
例えば、少年事件の手続きで重視されるのは、少年の更生であり、少年を罰することではありません。
その少年の更生のために行われるのが、上記事例でも登場している「環境調整」です。

環境調整とは、その名前の通り、環境を調整することです。
少年事件における環境調整とは、少年が少年事件を起こしてしまった原因などを取り除いたり、再び少年事件を起こさないような環境を作り上げたりすることが主になります。
例えば、家族でのコミュニケーション不足が原因の1つであるのなら、コミュニケーションを十分とれるような環境にしていったり、いわゆる悪友とのつながりが原因であるのなら、そのつながりを持たないようにしたり、という環境調整が考えられます。
また、少年自身が少年事件を起こしてしまったことについての内省を深めることも、少年自身の内面的な意味での環境調整ともいわれます。
このような環境調整は、少年事件を起こしてしまった少年の今後のためにも、現在進行中の手続きの処分の結果を有利にするためにも、重要なことです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、少年事件の手続きから環境調整まで、相談者様・依頼者様の不安が解決できるよう、尽力いたします。
弁護士のような専門家が第3者の目をもって協力することで、少年本人やご家族だけでは気づけなかった問題に着手できる可能性があるというメリットもあります。
少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府山科警察署までの初回接見費用:3万6,900円)