示談で解決したい

1.示談と被害弁償の違いは?

よくニュースなどで示談や被害弁償という言葉を耳にすると思います。

「示談」とは、被害者との合意のことをいいますが、通常は慰謝料を含めた被害弁償をして被害者から許しを得ることをいいます。

通常、示談に記載された内容以外の損害賠償請求はできなくなるという条項が示談書に記載されます(清算条項)。

一方、「被害弁償」とは、単に損害賠償金を支払うことをいい、それ以上の損害賠償請求を行わないことを約するものではありません。

示談する際には、どちらの意味であるか明確にする必要があります。

 

2.示談のメリットは何?

示談が成立すれば、被害者との間での解決が図られたことを示すことが出来ますので、刑事事件における手続きの中でも被疑者・被告人に有利な事情として考慮されます。

被害届等が提出されるまでに示談を成立させれば、そもそも捜査機関による事件化を防ぐことが可能です。

また、起訴前であれば、不起訴処分につながりやすくなりますし、起訴後であれば、執行猶予付きの判決など、量刑(刑罰の重さ)を軽くする事情となります。

このように、早期に示談を成立させることが速やかな事件解決に有効であるといえます。

また、被害者にとっても、示談を成立させることにより、後に損害賠償を請求する手続きから解放されますし、裁判によるのと比べて柔軟な解決を図ることができます。

たとえば、金銭的な賠償だけではなく、加害者は被害者の半径何キロまでは近付かないといった条件を誓約させることも可能です。

 

3.示談は弁護士にお願いした方がいいの?

示談は契約ですので、被疑者と被害者が合意することにより作ることになりますが、被疑者が捜査機関に被害者の連絡先を聴いても教えてもらえないのが通常です。

一方、弁護士を通じれば、弁護士限りでという条件付き(被疑者には連絡先を教えないという条件付き)で検察官より被害者の連絡先を教えていただける場合が多々あります。

ですので、弁護士に依頼することにより被害者とコンタクトをとりやすくなります。

また、直接、被疑者が被害者と交渉を行うと被害者の気持ちを逆なでして示談交渉が決裂したり、不相当に過大な金額での示談解決になる可能性があります。

弁護士が間に入れば、冷静な交渉により妥当な金額での示談解決が図りやすいです。

 

4.示談はどのように行うの?

示談は、後で紛争が蒸し返されないように示談書を作成します。

示談書には、合意がされた内容が記載されます。例えば、二度と同じことをしないことの誓約文言、どのような犯罪を被害者に対して行ったのかの確認文言、いくらの額を支払うのか、一括又は分割の支払いかの確認とともに必ず支払う文言等です。

特に重要な条項が宥恕文言です。宥恕文言とは、被害者が被疑者を許すことを内容とする文言です。この文言があれば、有利な処分に大きく近づきます。

その他、被害者が加害者や犯人に対して、寛大な処分を望む意向を示した場合に、その旨を記載した書面(嘆願書)や被害者が告訴を取り下げる意向がある場合に作成する書面である告訴取下げ書を作成することもあります。

強姦罪、強制わいせつ罪等の親告罪(告訴がなければ公訴を提起できないもの)では、起訴前に示談をする際、告訴取下げに応じてもらえることができれば、不起訴となります。

また、一度告訴を取下げてもらえると、被害者の気が変わったとしても告訴取下げの撤回や再度の告訴はできません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部では、被害者から宥恕文言の獲得、告訴取下げ書を得ることができるよう誠心誠意交渉致します。

示談について更に詳しく知りたい方は、是非、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部にご相談ください。

 

5.示談金額の相場

示談金の額は、事件類型によって一定の相場があります(もっとも個々の事件の内容によって額が異なることは多々あります)。

例えば、暴行事件では10万円~30万円ほど、傷害事件では10万円~100万円ほどです(交通事故の基準を利用することもあります)。

性犯罪事案では、痴漢や盗撮などの条例違反事件の場合、10万円~50万円ほど、強制わいせつ事件の場合、50~100万円ほどが示談金の相場となっております。

また、強姦事件の場合には100万円~300万円ほどが相場であると言われています。

また、罰金刑が見込まれる場合には、罰金処分として予測される額が一応の目安になる場合もあります。

ただし、示談はあくまでも相手方がいる問題ですので、一概にいうことはできません。

個別の案件や具体的な事情によれば、単純な痴漢事件で100万円を超える場合もありますし、強姦事件では500万円を超える場合もあります。

特に、被害者が未成年者の場合、示談の交渉相手はご両親との間で行うこととなります。

ご両親の被害感情が非常に大きい場合、相場よりも高額になることが多々あります。

示談金の額を左右する典型的な事情としては、被害や損害の大きさや被害者の処罰感情、加害者の資力、実刑となるかどうか処断刑の見通し等が挙げられます。

示談の成否により、実刑か執行猶予かが分かれるというような場合には、被害者からの多額の示談金の要求に対して、ある程度高額な支払いに応じなければならないというケースもあります。

ただし、弁護人は、示談金額が高額になる場合には、被害者から宥恕文言を獲得したり、告訴取下げ書を得ることができるよう誠心誠意交渉致し、有利な処分を導くことができるよう全力を尽くします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部では、多数の示談交渉を手がけており、事件ごとの示談金の相場について詳細な情報を提供できます。

示談をお考えで、示談金額等について詳しくお知りになりたい方は、是非、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせ

ページの上部へ戻る