【逮捕回避を相談】京都府大山崎町の詐欺事件なら弁護士へ

2017-07-11

【逮捕回避を相談】京都府大山崎町の詐欺事件なら弁護士へ

京都府乙訓郡大山崎町在住のAさんは、詐欺グループの一員として、詐欺事件を起こしてしまいました。
しかし、共犯者の1人が京都府向日町警察署に取調べを受けたことをきっかけとして、Aさんも京都府向日町警察署に呼び出しを受けることになりました。
Aさんは、取調べに行ったらそのまま詐欺事件の犯人として逮捕されてしまうのではないかと怖くなり、前もって弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕回避のためには?

詐欺事件を起こしたAさんは、京都府向日町警察署から呼び出しを受けていますが、まだ逮捕はされていません。
しかし、Aさんが不安に思っているように、取調べに向かった先でそのまま逮捕、という可能性は十分考えられます。
そもそも、逮捕とはどのような場合になされるのでしょうか。

逮捕は、被疑者に逃亡のおそれや、証拠隠滅を行うおそれがある際に行われます。
特に、Aさんが今回関わっているような、複数人で共犯した詐欺事件のような事件では、口裏合わせなどによる証拠隠滅の可能性を疑われ、逮捕などによる身体拘束がなされやすい傾向にあります。
それでも、逆に言えば、逃亡や証拠隠滅のおそれがないことを証明できれば、逮捕を回避できる可能性があるということになります。

逮捕回避のためには、早期の弁護士への相談が重要です。
そして、もしも逮捕されてしまったとしても、事前に弁護士に相談しておくことで、迅速な対応が取れます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門ならではのスピード対応で、依頼者様・相談者様のために活動いたします。
まずは弊所の弁護士まで、ご相談下さい。
京都府向日町警察署までの初回接見費用については、お電話にてご案内致します。