逮捕報道を回避してほしい!京都の刑事弁護は刑事専門弁護士へ

2018-02-02

逮捕報道を回避してほしい!京都の刑事弁護は刑事専門弁護士へ

Aさんは、京都府京田辺市内において、盗撮事件を起こし、京都府田辺警察署逮捕されてしまいました。
Aさんは、京都では誰でも知っている企業に勤める会社員です。
AさんやAさんの両親は、Aさん逮捕報道が行われることによって、勤務先に迷惑がかかってしまうことを心配しています。
Aさんの両親は、どうにか逮捕報道回避ができないかと、弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕報道の回避のために

毎日のニュースで、刑事事件で被疑者を逮捕した、というニュースが流れています。
これは、警察が逮捕した被疑者やその事件のことを、報道機関に公表することによって行われます。
警察がどの事件・どの逮捕のことを報道機関に公表するかは、警察の判断によるため、明確な基準はありません。
また、公表された事件・逮捕の事実の中から、どれについて報道を行うかは、各報道機関の判断となるため、これも明確に基準があるわけではありません。
ですから、逮捕された=必ず逮捕報道がなされるというわけではありません。
しかし、上記Aさんのように、名の知れた企業に勤めている人の逮捕となれば、世間の注目を集めやすいため、公表されやすく、報道されやすい傾向にあるといえます。
そのような状況下で逮捕報道がされてしまえば、上記事例のAさんやAさん両親が心配しているように、会社にダメージが与えられてしまう可能性もあります。

逮捕報道回避のためには、警察が報道機関に逮捕について公表する前に働きかける必要があります。
つまり、逮捕されてからすぐに弁護士が活動を行うことが重要なのです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、ご依頼から24時間以内に弁護士が面会する初回接見サービスをご用意しております。
まずは0120-631-881までお問い合わせください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:37,600円)