挨拶・弁護士紹介

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

このページをご覧いただいている方の多くは,何らかの刑事事件のことで悩まれている方であると思います。

中には、逮捕された方、今後逮捕されるおそれがある方、ご家族の方が逮捕されて今後のことをどうすればよいか分からず途方に暮れている方、犯罪の被害に遭われた方かもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部は、そのような皆様の味方です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、開設以来、刑事事件・少年事件のみを専門に取り扱う法律事務所として、刑事事件・少年事件でお悩みの方に手を差し伸べるべく、多くの弁護活動を行ってまいりました。

そしてこの度、刑事・少年事件にお困りの皆さまに少しでもお力添えすべく、京都支部を開設する運びとなりました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の最大の強みは、無料相談を含む適正な弁護費用、確かな実績の他、豊富な経験と実績を備えた高度な弁護技術を備えた弁護士が多数在籍していることです。

これは、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が刑事・少年事件を専門に取り扱ってきたからに他ありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部は、ご本人やご家族の方が逮捕されたため、「1日でも早く身体拘束から解放されたい」、「前科を付けたくない」、「不起訴にしたい」、「少しでも有利な結果を導きたい」等、依頼者が望まれる結果を勝ち取れるよう最大限の努力を致します。

そして、ご本人やご家族の方に代わって捜査機関や裁判所に働きかけ、精一杯、依頼者の皆さまと伴に闘ってゆく所存でございます。

多くの方にとって、刑事事件・少年事件は一生に一度経験するかどうかの問題です。

そのため、犯罪の嫌疑がかかった皆様は緊張と不安、孤独の連続であると思います。

しかし、そのような状況であるからこそ、刑事事件・少年事件の専門家にご相談、ご依頼いただき適切な見通しと方針をもつ必要があります。

そして、これを持つことにより少しでも有利な解決の道に進んでゆくことが可能になります。

当事務所は、緊張、不安、孤独等を感じておられる皆様に寄り添い、お力をお貸しし、解決の道へと伴に進んでゆきます。

一方、犯罪被害に遭われた方には、誠心誠意お話に耳を傾け、ご相談者のご希望にかなった解決策をご提示し、納得のいく解決にむけて全力を尽くす所存です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、スタッフ一同が「どんな厳しい状況であっても全力で解決を目指す」姿勢と実績を兼ね備えています。

刑事事件・少年事件はスピードが命です。

犯罪による刑事事件・少年事件の当事者やそのご家族様、どうか一人で悩まずお気軽にお電話ください。

どのような事件であっても、一人ひとりの相談者様・依頼者様の御意向を踏まえたうえで、最良の結果が得られるようスタッフ一同で弁護活動を行う所存です。

素早く適切な刑事弁護活動をお望みの方は、ぜひ刑事事件・少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所京都支部にお任せください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 代表弁護士 則竹理宇

 

 代表弁護士 則竹 理宇(のりたけ りう)

弁護士会  第二東京弁護士会
所属   刑事弁護委員会、刑事弁護フォーラム
出身   千葉県
経歴   青山学院大学 卒業
 日本大学法科大学院 修了
趣味   サイクリング、落語、読書
座右の銘   Cool Head, but Warm Heart

 

 

【略歴】 

私は、千葉県で生まれ育ちました。青山学院大学で英米文学を専攻し、文学を通じて人と人とが密接に関わる仕事に興味を持ち、弁護士という資格に魅了されました。

一から法律の勉強を重ね、日本大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。司法試験合格後、刑事事件を専門に扱う法律事務所に入所し、刑事事件、少年事件のみを取り扱ってきました。入所後まもなくして任された強姦事件では、ご依頼者の方が逮捕され、そのままでは会社をクビになって刑務所に入らなければならなくなる可能性が極めて高い緊迫した事件でした。私は、すぐに被害者の方のもとへ示談交渉に行き、何度も交渉を繰り返した末、示談を成立させることができました。結果、ご依頼者の方は留置場から釈放され、会社をクビにならずに社会復帰を果たすことができました。そこから本日まで数えきれないほどの刑事事件・少年事件を扱ってきました。

手がけた案件は、痴漢や盗撮や強姦などの性犯罪事件が多く、その他、飲酒運転や交通事故などの自動車事件、覚せい剤や大麻などの薬物事件、暴行や傷害などの暴力事件、詐欺や窃盗などの財産事件など多岐にわたります。また、裁判員裁判事件もいくつか手がけました。日本の裁判員裁判事件では、一般的に執行猶予判決を獲得するのはかなり困難といわれていますが、無事執行猶予を獲得することができ、ご依頼者の方は社会復帰されました。

得意分野は、「刑事事件ならどんな案件でも!」、という意気込みで弁護をしています。趣味は、読書と、映画やDVD鑑賞です。法廷ものやサスペンスが特に好きです。また、散歩によく出かけます。裁判前は散歩をしながら弁論の構成を考えたりします。頭がリフレッシュされていい考えが浮かんだりします。「勝訴の秘訣」とまでは言いすぎですが、私の一日で一番好きな時間かもしれません。座右の銘はイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言った「Cool Head, but Warm Heart」です。

 

弁護士 上村 武史(うえむら たけし)

所属弁護士会 大阪弁護士会
所属の委員会 人権擁護委員会(特別委嘱委員)
出身 大阪府
経歴 同志社大学商学部 卒業
近畿大学法科大学院(既修者コース)卒業
趣味 スキー、スノーボード(きっかけは北海道旭川司法修習)
落語、漫才鑑賞(高校時代に落語研究部に所属)
座右の銘 人間万事塞翁が馬

 

略歴

京都刑事弁護人 上村 武史

大学時代、将来を模索しながら様々な資格に挑戦し、日商簿記2級、宅地建物取引主任者(現在の宅地建物取引士)、社会保険労務士試験に合格しました。そのような中、法廷傍聴の機会があり弁護人の最終弁論に感動を覚え、弁護士になろうと決意しました。
司法試験をめざし、幾度も挫折をしながらも最後まであきらめず、司法試験合格を勝ち取りました。

ロースクール時代においては、刑事系科目を多数履修(捜査・公判の現代的課題、少年法等)し、知識の研鑽に努めました。さらに、司法修習の配属先は北海道旭川でした。小規模庁ならではの密度の濃い実学習得及び実務家との交流を行い、実務家としての素養を深めることができたと実感しております。
司法試験合格まで長い道のりでしたが、その過程で多くのことを経験してきたからこそ、私だけにできる弁護活動があると信じております。

これまでに培ってきた経験と法律知識を存分に発揮し、皆様のご相談にあたらせていただく所存です。
受容と共感を大切にして業務に従事していきます。

 

無料相談・お問い合わせ

ページの上部へ戻る