免許証偽造で公文書偽造罪に…福知山市も対応の刑事専門弁護士に相談

2018-03-31

免許証偽造で公文書偽造罪に…福知山市も対応の刑事専門弁護士に相談

京都府福知山市に住むAさんは金銭に困り,借金をすることとしました。
ですが,Aさんは借金を返せるあてもなかったために,自分ではない名義で申し込もうと思いました。
そのために,無人のローン申込所で運転免許証を偽造して申し込むことにしました。
ローンカードを作るために,遠隔にいるオペレーターが話をしつつ書類をデータで確認しながら行われました。
Aさんはうまく相手を騙し,ローンカードを作成することが出来ました。
そして,Aさんはそのローンカードを使用し無人現金引出機から現金を引き出しました。
期日を過ぎても連絡が取れなかったため,ローン会社が被害届を出し,その後日,京都府福知山警察署の警察官がAさんを逮捕しました。
(以上の事例はフィクションです。)

上記の事例でのAさんの行為には,公文書偽造罪・同行使罪,詐欺罪,窃盗罪が成立すると思われます。

この中の公文書偽造罪という犯罪は,刑法155条に規定されていて,公文書偽造罪を犯してしまったら1年以上10年以下の懲役となります。
運転免許証は,各都道府県の公安委員会によって発行される公文書です。
そのため,免許証偽造は,公文書偽造罪に当たることになるのです。

Aさんの場合,免許証偽造による公文書偽造罪やその行使罪だけでなく,詐欺罪や窃盗罪等も成立の可能性があります。
このような場合,免許偽造による公文書偽造罪だけでなく,その他の犯罪に対しての刑事弁護活動が必要とされます。
ですから,様々な種類の犯罪に対応可能な弁護士に相談・依頼することが望ましいと言えるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件を専門として扱う法律事務所です。
刑事事件専門だからこそ,公文書偽造事件だけでなく,詐欺罪や窃盗罪に対しての対応も可能です。
免許偽造事件でお困りの方は,まずは弊所弁護士までご相談ください。
京都府福知山警察署までの初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください。)