京都市左京区の器物損壊事件で逮捕 接見要請に応える弁護士

2017-01-19

京都市左京区の器物損壊事件で逮捕 接見要請に応える弁護士

京都市左京区の道路を歩いていたAさんは、突然の物音に驚き、後ろを振り返ると、Vさんの車の窓ガラスが割れていました。
Vさんが被害届を出したことで、Aさんは、Vさんの車の窓ガラスを割った犯人として、京都府下鴨警察署の警察官に、器物損壊罪の容疑で逮捕されてしまいました。
しかし、Aさんは身に覚えがなく、否認を続けています。
Aさんは、取調べ対応が不安になり、家族が依頼してくれた刑事事件に強い弁護士接見要請を出しました。
(※この事例はフィクションです。)

器物損壊罪について

他人の物を損壊し、又は傷害した者は、器物損壊罪とされ、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処せられる可能性があります(刑法261条)。
上記の事例では、Vさんの車の窓ガラスが壊されている=他人の物を損壊又は傷害しているといえるので、Vさんの車の窓ガラスを割った犯人は、器物損壊罪に問われることになります。

しかし、この器物損壊罪は、親告罪といい(刑法264条)、被害者の告訴がなければ起訴することができません。
したがって、もしも器物損壊罪で逮捕されてしまったり、任意同行をされてしまったら、起訴・不起訴の判断が出る前に、素早く刑事事件に詳しい弁護士に相談し、被害者の方への謝罪や弁償を速やかに行う必要があるといえます。

接見について

自分の身に覚えのない犯罪の疑いをかけられている中、逮捕されて身柄を拘束されてしまうという状況は、被疑者本人への精神的・肉体的負担が大きいことは想像に難くありません。
しかし、ご家族であっても、逮捕直後は接見(面会)することはできず、逮捕後に釈放されるか、勾留されてからでないと、被疑者本人と会うことはできません。

そんな場合でも、弁護士であれば、そのような制限なしに、被疑者本人と接見(面会)することが可能です。
依頼を受けた弁護士は、被疑者本人の接見要請に応えて、警察署に赴くことも可能ですし、被疑者本人だけでなく、ご家族の不安解消にも大きな手助けをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、初回接見サービスや、初回無料相談を行っております。
器物損壊事件や、身に覚えのない刑事事件でお困りの方、逮捕などの身柄拘束にお困りの方は、0120-631-881までお電話ください。
京都府下鴨警察署までの初回接見費用:3万5000円)