京都府相楽郡和束町の過失運転致死事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

2017-01-01

京都府相楽郡和束町の過失運転致死事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

Aさんは、京都府相楽郡和束町の道路を自動車で走行中、アクセルとブレーキを踏み間違え、道路を横断していたVさんをひき、Vさんを死なせてしまいました。
Aさんは、過失運転致死罪の容疑で、京都府木津警察署の警察官に逮捕されました。
(※この事例はフィクションです。)

過失運転致死罪について

過失運転致死罪は、自動車運転処罰法の5条に規定があります。
これによると、自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を志望させた者は、過失運転致死罪とされ、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処される可能性があります。

さらに、この過失運転致死罪を犯し、その際に無免許運転だった場合は、自動車運転処罰法6条により、刑罰の加重がなされます。
自動車運転処罰法6条4項によると、自動車運転処罰法5条の過失運転致死罪を犯した者が、その罪を犯した時に無免許運転をしたものであるときは、10年以下の懲役に処するとされています。

過失運転致死罪など、被害者を死亡させてしまっている交通事件では、逮捕等による身体拘束が行われることも多く、さらに、初犯であっても実刑の判決が下ることもあります。
したがって、早期に刑事事件に強い弁護士に相談し、逮捕や勾留といった身体拘束から解放するための活動を行ったり、被害者の方・遺族の方への謝罪活動を行ったり、裁判において情状を訴えたりしていく必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、過失運転致死事件を含む刑事事件を専門として取り扱っています。
自動車事故は、ある日いきなり自分の身に降りかかってくる刑事事件ですから、いざ当事者となった場合、誰もが不安でいっぱいでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、初回無料相談や初回接見サービスを行い、そういった刑事事件への不安を取り除くべく活動いたします。
過失運転致死事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8900円)