【京都市山科区にも対応】カツアゲで逮捕されたら恐喝事件に強い弁護士へ

2017-06-18

【京都市山科区にも対応】カツアゲで逮捕されたら恐喝事件に強い弁護士へ

Aさんは、京都市山科区カツアゲを行ったとして、京都府山科警察署に、恐喝罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、家族が接見を依頼した恐喝事件に強い弁護士に、今後の見通しや対応について、詳しく相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・カツアゲ

恐喝罪とは、刑法249条に規定されている犯罪です。
恐喝罪の条文では、「人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」(1項)、「前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする」(2項)とされており、1項に定められているものを財産恐喝罪、2項に定められているものを利益恐喝罪又は2項恐喝罪と呼んだりもします。
上記の事例のAさんが行ったカツアゲとは、人を脅して金品を巻き上げる行為ですから、前述の刑法249条1項の財産恐喝罪にあたると考えられます。

恐喝罪は、上記の法定刑からも分かるように、罰金刑のみの規定はありません。
そのため、恐喝罪で起訴され、執行猶予のつかない有罪判決が下れば、そのまま刑務所へ行くことになります。
カツアゲというと、いわゆる不良が悪さをしただけ、というようなイメージの方もいるかもしれませんが、これだけ重い犯罪なのです。
実刑判決を避けるためには、カツアゲの被害者の方への謝罪や弁償、示談が有効な手段の1つとして考えられますが、カツアゲしてきた人と直接連絡を取るのは怖いと感じられる被害者の方も多いでしょう。
そのような場合にこそ、刑事事件に強い弁護士を間に挟み、円滑な示談交渉を図ることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、ご依頼者様のために、逮捕・勾留などからの身柄解放活動から、被害者の方との示談交渉、正式裁判の際の弁護活動まで、丁寧に対応します。
カツアゲを行って恐喝罪の容疑で逮捕されてしまった、とお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府山科警察署までの初回接見費用:3万6,900円)