京都市南区の恐喝事件で逮捕 いじめの少年事件に取り組む弁護士

2017-01-21

京都市南区の恐喝事件で逮捕 いじめの少年事件に取り組む弁護士

京都市南区の高校に通っている16歳のAくんは、友人たち3人と、中学校の頃からVくんをいじめており、頻繁にVくんを脅してVくんからお金を巻き上げていました。
ある日、Vくんが黙って家のお金を持ち出したことでこのことが発覚し、Aくんらは通報を受けた京都府南警察署の警察官に、恐喝罪の容疑で逮捕されてしまいました。
AくんがVくんから脅し取ったお金は、総額200万円にもなっていました。
(※この事例はフィクションです。)

少年事件恐喝罪について

恐喝罪は、刑法249条1項に規定されており、人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処するとされています。
上記の事例のAくんは、Vくんを脅して(=恐喝して)、Vくんのお金(=財物)を渡させていた(=交付させていた)ので、この恐喝罪に当たる行為をしていたことになります。

少年のいじめによる恐喝事件は、1994年に、いじめを受けて少なくとも110万円を恐喝された中学生が自殺した事件がありました。
また、2000年には、名古屋市で中学生が約5000万円の恐喝事件を起こして逮捕され、注目を浴びました。
恐喝は、子どもの喧嘩でおさまるものではなく、立派な犯罪です。
被害額が膨らめば、被害弁償すら難しい金額になってしまいます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っています。
少年事件では、成人事件とは違い、少年の更生が最重要とされています。
少年の更生のために、いじめ恐喝の被害者の方へ謝罪・弁償を行ったり、少年自身の環境を調整したり、親御さんの不安を解消したりと、刑事・少年事件専門の強みを生かしてサポートさせていただきます。
少年事件恐喝事件にお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府南警察署までの初回接見費用:3万5200円)