京都市上京区の少年事件に対応!強制わいせつ事件の示談に強い弁護士

2017-05-23

京都市上京区の少年事件に対応!強制わいせつ事件の示談に強い弁護士

京都市上京区に住んでいるAさん(10代)は、自宅の近くで強制わいせつ事件を起こし、京都府上京警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんの両親は、どうにか被害者の方へ謝罪し、示談できないかと思い、少年事件に強い弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年の強制わいせつ事件と示談

強制わいせつ罪のような性犯罪事件では、被害者の方と示談することが重要とされます。
成人事件の場合、被害者の方と示談が成立すれば、不起訴処分が下されるなど、即効薬的な効果が出ることが多く見られます(もちろん事件にもよります)。
しかし、少年事件は、成人の刑事事件とは違い、「不起訴処分」にあたるものは原則として存在せず、原則すべての事件が家庭裁判所に送致されます(全件送致主義)。

では、少年の起こした強制わいせつ事件については、被害者の方と示談することは意味がないことなのか、というとそうではありません。
被害者の方のケアのためにも、少年が今後更生するためにも、被害者の方にきちんとした謝罪を行うことや、被害弁償を行うことは非常に大切です。
被害者の方への謝罪の気持ち、少年事件を起こしてしまったことへの反省の気持ちは、少年が更生するうえで非常に重要なものです。
そのため、謝罪や示談が行われていることは、少年にとって有利な事情として働くことが多いです。

しかし、強制わいせつ事件のような性犯罪の示談は、大変複雑です。
弁護士のような専門家でも、まとめあげるには大変な労力と気遣いが必要です。
まずは弁護士に相談し、そこから被害者の方への謝罪・示談をどうすべきか、一緒に考えましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士ですから、上記事例のような事件のご相談ももちろん対応可能です。
初回は無料の法律相談のため、お気軽にご利用いただけます。
少年事件にお困りの方は、0120-631-881で、相談予約をお取りください。
専門スタッフが丁寧にご案内します。
京都府上京警察署までの初回接見費用:3万6300円)