京都府綴喜郡宇治田原町の過失運転致死事件で逮捕 交通事故にも早期に弁護士

2017-03-21

京都府綴喜郡宇治田原町の過失運転致死事件で逮捕 交通事故にも早期に弁護士

Aさんは、京都府綴喜郡宇治田原町内の道路で自動車を運転している際、前方不注意により、Vさんと接触する交通事故を起こしてしまいました。
Aさんは慌てて救急車を呼び、京都府田辺警察署に通報しましたが、Vさんは搬送先の病院で亡くなってしまいました。
Aさんは、過失運転致死罪の容疑で逮捕されることとなりました。
Aさんの妻は、突然交通事故の加害者になってしまった夫を心配し、刑事事件に強い弁護士の元を訪れました。
(※この事例はフィクションです。)

・交通事故にも早期に弁護士

上記の事例では、Aさんは、自身の不注意=過失によって、Vさんを被害者とする交通事故を起こし、Vさんを死亡させてしまっています。
Aさんは、自動車運転処罰法の、過失運転致死罪に問われることになるでしょう。
過失運転致死罪の法定刑は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です(自動車運転処罰法5条)。
罰金刑の規定はあるものの、人が亡くなっている過失運転致死事件の場合、略式罰金(正式裁判にならず、略式裁判のみで罰金になること)にはほとんどならず、起訴され、正式裁判となることの方が多いようです。

過失運転致死事件などの交通事故は、誰もが起こしうる刑事事件です。
今は普通に暮らしている方が、ある日突然、刑事事件の加害者になってしまうかもしれないのです。
そんな時、どこへ頼っていいものか分からない、という方がほとんどでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士の初回無料法律相談のご予約を、24時間体制で受け付けています。
交通事故などの刑事事件は、予告なく訪れます。
過失運転致死罪のなどの刑事事件で困った際には、まずは0120-631-881まで、お電話ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)