京都府宇治田原町の児童虐待事件なら…刑事・少年事件に強い弁護士へ

2017-07-04

京都府宇治田原町の児童虐待事件なら…刑事・少年事件に強い弁護士へ

京都府綴喜郡宇治田原町に住んでいるAさん(19歳)は、同い年のBさんと結婚しており、2人の間にはもうすぐ1歳になるVさんという子供がいます。
しかし、AさんはVさんが言うことを聞かないことに腹を立て、Vさんに対して暴行を加えてしまいました。
Vさんは病院に運ばれ、搬送先の病院で児童虐待の疑いが出たことで、京都府田辺警察署へ通報がなされました。
その結果、Aさんは、児童虐待を行った容疑で、逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・児童虐待事件

児童虐待には、さまざまな種類があります。
上記事例でAさんが行った、児童に暴行を加える身体的虐待や、児童に対してわいせつな行為をしたりさせたりする性的虐待、言葉による脅しなどを行う心理的虐待もあります。
これらの行為は、児童虐待防止法児童虐待であるとされ、禁止されています。

しかし、これらを行ったからといって、児童虐待防止法でただちに処罰されるわけではありません。
これらの児童虐待にあたる行為は、刑法上の暴行罪や傷害罪、強制わいせつ罪や脅迫罪などにあたるとされ、主にそれらによって処罰されることになります。

今回の事例のように、児童虐待の加害者が未成年の少年であるというケースもあります。
少年による児童虐待事件の場合、児童虐待を行ってしまった原因を突き止め、改善していく環境調整が大きな意味をもちます。
少年事件では、少年のその後の更生というポイントが重視されるためです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件少年事件専門の弁護士が活動しています。
少年事件は、成人の刑事事件とは違う、独特の手続きで進みます。
少年事件に詳しい弁護士に話を聞くことで、少年事件に対する不安を解消する一歩となります。
京都府児童虐待事件などで少年事件に御悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7,600円)