京都府綴喜郡井手町の少年事件で逮捕 もうすぐ20歳の少年に弁護士

2017-04-23

京都府綴喜郡井手町の少年事件で逮捕 もうすぐ20歳の少年に弁護士

Aさんは、京都府綴喜郡井手町に住む19歳です。
ある日、Aさんは、少年事件を起こしたとして、京都府田辺警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
Aさんは誕生日を5か月後に控えており、もうすぐ20歳になります。
(※この事例はフィクションです。)

・もうすぐ20歳の少年事件

通常、未成年=少年の起こした事件は少年事件とされ、一般の成人が刑事事件を起こした場合とは異なる流れで進んでいきます。
例えば、成人の刑事事件であれば、逮捕等をされた後に取り調べを受け、検察官に送致され、検察官が起訴・不起訴を決定し、起訴されれば裁判を受け、有罪か無罪かを決定し、有罪であれば刑罰が言い渡されます。

しかし、少年事件の場合は、検察官に事件が送致された後、原則として家庭裁判所に事件が送致され、家庭裁判所調査官による調査が行われることとなります。
そして、その調査の結果などをもとに、審判が開かれ、少年院送致や保護観察といった、少年の処分が決定します。
すなわち、少年事件の場合、原則としては、起訴・不起訴、有罪・無罪といった、刑事事件の流れを外れることになります。

ただし、「少年」とは、前述のとおり、未成年者をさしています。
少年事件の一連の流れの途中、審判が開かれる前に少年が成人してしまった場合、その元少年は検察官に送致(いわゆる逆送)されて、一般の刑事事件と同じ流れに乗ることになります。

ですから、上記の事例のように、19歳の少年、特に誕生日が数か月後に迫っているといった年齢切迫の少年の場合は、早期に事件を解決し、終結させることが求められます。
被害者の方への謝罪や示談交渉などの対応も、スピードをもって行っていく必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門として扱い、数多くの刑事事件や少年事件を取り扱っております。
年齢切迫の少年事件についてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)