京都市下京区の少年事件で逮捕 休日でも接見・相談対応の弁護士

2017-03-12

京都市下京区の少年事件で逮捕 休日でも接見・相談対応の弁護士

京都府下京区の高校に通っている16歳のAさんは、少年事件を起こしたとして、京都府下京警察署逮捕されています。
Aさんの両親は、Aさんが少年事件を起こして逮捕されたとの知らせは聞きましたが、どういった経緯で逮捕されたのかなど、詳しいことは全く知りません。
面会に行こうとしたものの、逮捕直後でAさんと面会することもかないません。
さらに、Aさんの逮捕は土曜日だったため、法律事務所で営業しているところもほとんどありませんでした。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕は急に訪れる!

上記事例のAさんは、土曜日にいきなり逮捕されてしまったようです。
Aさんの両親は、逮捕された経緯も分からず、しかし休日というところもあり、どうしてよいのか困っている状態です。
このように、刑事事件・少年事件は唐突に身に降りかかってきます。
現行犯逮捕はもちろん、通常逮捕であっても、本人やその家族には予想できないタイミングでやってきます。
平日、土日祝日などの休日、昼、夜、どのタイミングで逮捕される可能性もあるのです。

いきなり逮捕された、となれば、誰もが戸惑い、不安に襲われるでしょう。
逮捕直後では、家族でも面会できないことが大半です。
そんな時こそ弁護士の出番となりますが、上記のような土日祝日では、そもそも弁護士事務所が開いていない、ということもあり得ます。

しかし、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、365日、初回無料法律相談や、初回接見サービスを受け付けています。
突然やってくる逮捕に、スピーディーに対応できるのは、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っている事務所ならではの強みです。
急に刑事事件・少年事件に巻き込まれてしまってお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
0120-631-881では、初回無料相談のご予約や、初回接見サービスのご案内を24時間体制で受け付けています。
京都府下京警察署までの初回接見費用:3万3800円)