京都府相楽郡和束町の名誉棄損事件で逮捕 釈放に動く弁護士

2017-02-23

京都府相楽郡和束町の名誉棄損事件で逮捕 釈放に動く弁護士

京都府相楽郡和束町に住んでいるAさんは、30歳の会社員です。
ある日、東京都の警察署から警察官がやってきて、Aさんを名誉棄損罪逮捕しました。
Aさんは、自分の住んでいる地域の京都府木津警察署ならまだ分かるが、なぜ東京都の警察署が、と驚くばかりでした。
どうやら、Aさんがインターネット上で名誉棄損を行った会社が、東京都にあるようです。
(※この事例はフィクションです。)

・遠方の警察に逮捕される可能性

上記の事例のAさんは、自分の住んでいる地域とは全く離れた地域の警察に逮捕されてしまっています。
インターネットが関係している犯罪では、往々にしてこのようなことが起こりえます。
インターネットが普及したことによって、遠くの人ともやり取りができ、どんな地域の人ともつながることができるようになりましたが、そのインターネットの普及によって、思いもよらない場所の警察や検察から捜査を受け、逮捕されることも出てきているのです。

遠方の警察などに身体拘束されてしまった場合、その家族が面会に行くことも一苦労です。
身体拘束されてしまうだけでも被疑者の大きな負担となりますが、さらにそれが遠方の警察署となれば、より大きな負担になってしまうことでしょう。

被疑者を逮捕・勾留といった身体拘束から解放する、すなわち釈放するためには、逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れがないことを主張しなければなりません。
しかし、被疑者本人や家族だけでその主張を行うことは、残念ながら、難しいことです。
そんな時こそ、専門家である弁護士を頼ってみましょう。

釈放を求める活動は、早期に取り掛かることが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、24時間365日、初回無料法律相談の予約を受け付けています。
刑事事件でお困りの方、釈放に向けた活動をお望みの方は、0120-631-881まで、お電話ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8900円)