京都府大山崎町対応の弁護士 セクスティングで少年事件に発展したら

2018-02-08

京都府大山崎町対応の弁護士 セクスティングで少年事件に発展したら

京都府乙訓郡大山崎町に住んでいる女子高生のVさんは、同じ学校に通っている男子高校生Vさんと交際していました。
ある日、Vさんは、ネットで見かけた「セクスティング」をしようと思い、Aさんに自分のヌード写真のデータを送りました。
その後、VさんとAさんは喧嘩をして別れたのですが、どうやらVさんがAさんに送ったヌード写真を、Aさんがばらまいているようです。
Vさんの相談により、Aさんは京都府向日町警察署逮捕される事態となってしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・セクスティングとは

皆さんはセクスティングという言葉をご存知でしょうか。
セクスティングとは、性的な画像や動画、性的なことを連想させるメッセージ等を、SNS等を利用して送受信する行為をいいます。
以前、セクストーションと呼ばれる性的脅迫について取り上げましたが、今回はこのセクスティングについて取り上げていきます。

セクスティングの内容によっては、このセクスティング行為自体が犯罪となる可能性もあります。
例えば、セクスティングとして自分のヌード写真をSNS上にアップした場合、不特定多数の人にわいせつな画像を見せることにつながりますから、公然わいせつ罪やわいせつ物頒布等罪が成立する可能性があります。
セクスティングした本人が18歳未満であれば、児童ポルノ事件ともなる可能性があります。
また、今回のAさんやVさんのように、セクスティング後にリベンジポルノ事件となって事件化する場合もあるでしょう。

このように、セクスティングは、少年事件・刑事事件に繋がる危険をはらんでいます。
しかし、少年たちが、セクスティングの危険性についてきちんと理解せずにセクスティングを行ってしまうこともあります。
そうなってしまった場合、思いもよらぬ少年事件への発展に、本人もご家族も不安を抱えることになってしまいますから、少年事件に強い弁護士のサポートが必要となってくるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、こうしたセクスティングに絡む刑事事件・少年事件についても、ご相談・ご依頼を受け付けております。
セクスティングに関連した刑事事件・少年事件にお悩みの方は、刑事事件・少年事件を専門に扱う弊所の弁護士まで、お気軽にご相談下さい。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)