京都府乙訓郡大山崎町の強盗致傷事件で少年を逮捕 逆送されたら弁護士

2017-02-07

京都府乙訓郡大山崎町の強盗致傷事件で少年を逮捕 逆送されたら弁護士

京都府乙訓郡大山崎町に住んでいる18歳のAさんは、3人の友人たちとコンビニ強盗を繰り返していました。
あるコンビニで強盗を行った際に、抵抗した店員をナイフで刺し、全治2か月の大けがを負わせてしまいました。
その後、Aさんらは京都府向日町警察署の警察官に、強盗致傷罪の容疑で逮捕されました。
そして、Aさんらは、いったんは家庭裁判所に送致されたものの、逆送され、起訴されることになってしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・強盗致傷罪について

強盗が、人を負傷させたときは、無期又は6年以上の懲役に処されます(刑法240条)。
これがいわゆる、強盗致傷罪です。

様々な説がありますが、強盗がその過程で人を負傷させてしまった場合は強盗致傷罪、故意に人を負傷させた場合は、強盗傷人罪となるといわれています。

・逆送について

少年事件は原則的に全て家庭裁判所に送致され(全件送致主義)、少年は家庭裁判所で開かれる審判を受けることとなります。
しかし、死刑や懲役刑が定められている事件で、刑事処分=成人と同じ刑事手続きが妥当であると判断された事件等については、もう一度検察官の元へ事件が送致され、成人と同じ刑事手続きが取られます。
これが、いわゆる「逆送」です。

逆送された少年事件は、成人の刑事事件と同じ流れをたどります。
成人と同じということは、当然、刑事裁判も受けることとなりますし、そこで有罪判決が出て、懲役刑が言い渡されれば、少年刑務所へ入ることとなります。

上記の事例で取り上げた強盗致傷罪では、既定の量刑に無期の懲役が含まれていますから、裁判員裁判の対象事件です。
逆送され、起訴された場合、少年が裁判員裁判を受けることになるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件を専門に扱う弁護士が、事件を起こしてしまった少年やそのご家族のご相談に乗ります。
刑事事件と少年事件に精通している弁護士だからこそ、逆送という特殊な状況にも対応できます。
刑事事件・少年事件にお困りの方は、0120-631-881まで、すぐにご連絡下さい。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7200円)